FC2ブログ

春が来ました。

靴箱を開きました。


こんなに靴はいっぱいあるのに

黒の革靴は一足も無い。

確か最後の一足は船に捨ててきました。

もう要らないと思っていました。

買いに行くか。


春です。


31031501H.jpg


我が家のサクラが開き始めました。

啓翁桜という種類です。


31031502H.jpg


スモモの可憐な白い花が、ビッシリ咲きました。


31031503H.jpg


いくら着替える前と言っても、ジーパンじゃ失礼ですよね。

となると、スーツかブレザー着用か。


白いシャツはどうにか探し出しました。


この赤い可憐な花はカイドウの花です。


31031504H.jpg


となるとやっぱり、ネクタイしなきゃ落ち着かないか。



桃の蕾が膨らんできました。


31031505H.jpg


かつて2百本以上あったネクタイも、どうにか一本だけ残っていました。

多分一度もはめた事のないヤツです。


モクレンが大きな花びらを、やっと開いてくれました。


31031506H.jpg


スーツ着て東京に行くなんて初めてです。



熊本空港でちょっと頂いていきます。


31031507H.jpg


初めて、ハチ公バスを見ました。

乗車料金は1回百円です。


31031508H.jpg


渋谷到着です。

春はまだ遠い感じです。

寒い。


31031509H.jpg
スポンサーサイト

マチュピチュのホテルにて。





30111499SX.jpg


ラッキーだったのか、それともガイドさんの冗談だったのか。


301114100SX.jpg


でかくて美味しい、ベーグルサンドを頂きました。

長距離列車に乗ったら軽食が出るなんて、日本には無いサービスです。


301114101SX.jpg


飲み物はコカ茶をお願いしました。

この国でしか飲めないのなら、納得いくまで飲みたいと思います。


301114102SX.jpg


ただ、お腹が空いていたところに、消化の悪そうなベーグルです。

胃液を吸い込んでお腹で膨らんだかな。


301114103SX.jpg


ホテルに到着しました。


301114104SX.jpg


驚いた事に、電車が止まった線路の脇に建ってます。

大丈夫なの?


301114105SX.jpg


ホテルに入ってインフォメーションの最中に

玄関の大皿に置かれた大量のコカの葉を見つけました。

2,3枚摘まんで、口に放り込みました。



葉っぱらしい、少しの苦みを感じるけど、特に何ともないです。

これを精製してコカインになるんだろうけど、葉っぱのままだと

がっかりするただの葉っぱです。


301114106SX.jpg


矢野さんから、マチュピチュ村の宿泊施設なんて、

屋根と土壁があれば有り難いくらいの、貧しい施設なんじゃないのと

言われていましたが・・そんなイメージなんでしょうね。


ところがどっこい、立派でした。


301114107SX.jpg


おまけに、日本人客用に日本のテレビ放送を流してました。

おもてなしもキチンとやってます。

お見それしました。


301114108SX.jpg


サービス過剰な気もしますが。


301114109SX.jpg


マチュピチュのイメージが間違っていました。


301114110SX.jpg


そうそう、水を一杯に溜めて、一気に流しました。

水の流れが左回りに落ちていくか、それとも右回りか・・

答えは・・・全部静かに真っ直ぐ配水管に落ちて行きました。

失敗しました。


301114111SX.jpg


アメニティもしっかり揃えています。


301114112SX.jpg


バスタブに入る時の、木製の踏み台も置いてあります。

何これ、日本人的な気の使いようは?


301114113SX.jpg


夕食に食堂に降りて来ました。



301114115SX.jpg


今日知り合った、隣町の御船の山木さんの奥さんが一人でやって来ました。

ご主人は頭痛で起きられないそうです。


301114116SX.jpg


多分、美味しそうな料理です。


301114117SX.jpg


列車で食べたベーグルサンドの所為です。

食べなきゃよかった。折角の料理が食べれません。

他のお客さん達も、同じ事を言ってます。


301114118SX.jpg


疲れと高山病で体調が悪い上に、

入浴は高山病に悪いという事で禁止されてますから

疲れがとれません。


でも折角の陸地の浴槽です。

半身浴だけ入りました。


ついに、明日です。

元気付けなきゃ。



オリャンタイタンボでした。


ここは、オリャンタイタンボという所でした。


30111476SX.jpg


今から入ります。


30111477SX.jpg


ここはインカの人達の、要塞だったらしいです。


30111478SX.jpg


お昼ご飯のせいで、可愛いお肉に見えてきました。


30111479SX.jpg


広いです。

ホントは登るべきなんでしょうね。


30111480SX.jpg


あんな処まで行かないと、ここを理解出来ないんでしょうね。


30111481SX.jpg


今度、一日ここだけの観光に来たら登ってもいいけど・・


30111482SX.jpg




30111483SX.jpg


赤ちゃん背負ってますよね。

まさかここに住んでるって訳じゃないですよね。


30111484SX.jpg




30111485SX.jpg




30111486SX.jpg


すいません、切れてしまいました。

この頃はまだ、お話ししたこと無い只の通行人(失礼)でした。



30111487SXT.jpg


インカ文明は、石組み無しでは語れないのか。


30111488SX.jpg




30111489SX.jpg


ここがインカ時代から湧き出でている太陽の泉です。

つまり、聖なる谷はここか。


30111490SX.jpg


ガイドさんから、登りたい方はどうぞと言われたような・・

いえ、もう良いです。

外のお土産屋さんに行きます。


30111491SX.jpg


入り口に戻ります。


30111492SX.jpg


子供の帽子や、クッションカバーを買いました。


30111493SX.jpg




30111494SX.jpg


オリャンタイタンボ駅から出発です。


30111495SX.jpg


これから1時間半かけて、マチュピチュ駅に向かいます。

到着するのが18時過ぎですから、もう暗いと思います。


30111496SX.jpg


インカレイル列車です。

列車によっては、飲み物や軽食がでるそうです。

もし出たらラッキーだと思ってくださいと、ガイドさんから言われました。


30111497SX.jpg


列車はアンデスの谷を流れる、ウルバンバ川沿いを走ります。


30111498SX.jpg

ここ、何処ですか?


ウルバンバ川です。

村に降りて来ました。


30111451SX.jpg


食事はビュッフェになります。

種類も量も多いけど、お客さんも多いです。

先ず、コカ茶を頂きます。

乾燥させた大量のコカの葉をカップに入れて、お湯を注ぎました。

爽やかな緑の香りがする普通のお茶になりました。


ところで、コカ・コーラには当初、

コップ一杯に9㎎のコカインが入っていたそうですが

現在は脱コカイン処理されたコカの葉が使われているそうです。


コカの葉は勿論日本に持ち込む事は出来ませんが

ペルーの町では普通に飲めます。


30111452SX.jpg


いくら船内に千人いようと、2ヶ月半もいると大体の顔は見覚えがあります。

4人席に同席したご夫婦は、初めて見る方でした。


一緒に食事しながら、

購入したワインをどうやって熊本に運ぶかの話を、奥さんとしていると

「えっ、熊本の方なんですか、私達は御船からなんですよ。」

うそーっ!僕ら○○です。

「えーっ!隣町じゃないですか!」


こんな事あるんですね。


ちなみに、これアルパカの肉です。

この時は牛タンみたいな味がしました。


30111453SX.jpg


楽しい食事が済んで、バスは再び走ります。


30111454SX.jpg


今から何処に行くのか分りません。


30111455SX.jpg


早い話が、これはマチュピチュへのツアーですから

あとはついでに廻ってる感じです。


30111456SX.jpg


バスの中でガイドさんが何か言ってましたが、

何処なのか忘れました。

バスを降りて付いて行きます。


30111457SX.jpg


凄い数のお土産屋さんが並んでます。

人気の観光地だという事は分ります。


30111458SX.jpg


面白そうな場所です。

後ろの山が遺跡風です。


30111459SX.jpg


カメラでズームすると・・・何でしょね。


30111460SX.jpg


回りの山は、削られたり石積みされたり、


30111461SX.jpg


ズームすると・・・こんな感じです。


30111462SX.jpg


入り口まで遠いです。


30111463SX.jpg


ひたすら、ガイドさんに付いていきます。


30111464SX.jpg


気になる事が、ひとつあります。


30111465SX.jpg


ここ、何処ですか?


30111466SX.jpg


ガイドさん、知ってますか?


行程表だと、昼食の後はバスで

オリャンタイタンボ駅に行く事になってますけど。


30111467SX.jpg


山木さん、めっけ。


30111468SX.jpg


相川さん、めっけ。

ですよね。


30111469SX.jpg


土産物屋のかたまりです。


30111470SX.jpg


中の様子が見えます。

まさか、あそこに登るんじゃないよね。


30111471SX.jpg


体力的に無理です。

奥さんの方を見てみます。


30111472SX.jpg


絶対拒否の強烈なオーラを出してます。


30111473SX.jpg


やっと入り口が見えました。


30111474SX.jpg


僕はここで良いんですけどね。


30111475SX.jpg

ウルバンバの聖なる谷にて。


谷に降りて行きます。

飛行機が1時間以上遅れて、その影響がどこにでるのか・・


これから何処に行くのか、この時僕は知っていたんだろうか?


うちではペルーのピンクの岩塩を使用していて、そのイメージを

この時思い出していたから、多分、バスの中でガイドさんから

今から塩の谷に行きますと教えられたんでしょうね。


このツアーの行程表の中に、塩の谷なんて書いてなかったんです。

だから、この時は岩塩の採掘場に向かうと思っていました。


30111426SX.jpg


頼りにならなそうなガードレールの下は

ほぼ直角の崖です。


30111427SX.jpg


遙か下の谷に、白い何かが見えてきました。


30111428SX.jpg


カメラのズームで拡大すると、建物が見えます。


30111429SX.jpg


この白いマスは、若しかして・・


30111430SX.jpg


・・・・・


30111431SX.jpg


塩田ですか。


30111432SX.jpg


岩塩じゃないんだ。


30111433SX.jpg


段々畑?

近くで見ないと分らないな。


30111434SX.jpg


先に着いたバスが見えます。


30111435SX.jpg


バスがいっぱい並んでます。


30111436SX.jpg


ここで、お土産の塩を買おうと思います。


30111437SX.jpg


添乗員さんから、15分で上がってきて下さいと言われました。


30111438SX.jpg


絶対、無理です。


30111439SX.jpg


奥まで行って、写真撮って・・


30111440SX.jpg


途中の売店でバラマキ土産の塩買って・・


30111441SX.jpg


坂道を登って、走ってバスの所まで来いなんて・・

今の僕なら気を失います。


30111442SX.jpg


無理です。


30111443SX.jpg


上のベンチで、松尾さんの奥さんが高山病が酷くなって

動けないみたいです。


30111444SX.jpg


さっきの石垣の原っぱでゆっくりするくらいなら

ここでの時間がもっと欲しかったなぁ。


飛行機の問題で、このツアーのタイムスケジュールは

少し計画が狂ってるんですよね?


30111445SX.jpg


山から流れ出て来るこの川の水に、指を入れなめてみました。

塩辛いのですが、美味しい塩の味がしました。


30111446SX.jpg


インカコーラを飲んでみました。

ファンタみたいです。

コーラじゃないね。


30111447SX.jpg


聖なる谷の観光ってこれなのかな。


30111448SX.jpg


ウルバンバの谷に向かいます。


30111449SX.jpg


路傍のサボテンですが、地元ではこの実は食用です。

今からウルバンバで昼食です。


今日の午前のタイムスケジュールって、

この昼食に合わせてるんですよね。


30111450SX.jpg
プロフィール

ボエム

Author:ボエム
灰色の鶴の舞立つ漁村生まれ。
終の棲家探しへ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR