FC2ブログ

天草大陶磁器展にて。

こんな渋滞見た事ない。


57号線、はるか遠くに本渡が見えるのに、

海沿いの道路が車で繫がってる。

絶対あれだ。確信もった。


会場前の駐車場が満車で、第二駐車場でも待たされました。

駐車出来ない車が沢山ウロウロしてる。


110301DSC01751.jpg


テレビでも実況があったみたいです。

テレビの影響、すごいな。


110302DSC01752.jpg


去年は来られなかったけど、毎年来てます。

熊本以外の窯元さんが集まります。

入場無料だし。


110303DSC01774.jpg


賞をもらった作品を置いています。

何故か、会場の外にはこんなに大勢のお客さんいるのに

この会場には誰もいません。


110304DSC01754.jpg


受付のスタッフさんに、写真を撮って良いですかと尋ねると

どうぞどうぞと喜んでくれました。


110305DSC01755.jpg


審査委員は著名な方達ばかりです。


110306DSC01756.jpg


これは、毎年参加される東京芸大の日比野克彦さん賞です。


110307DSC01759.jpg


映え賞ですか。


110308DSC01760.jpg


これが、今回のグランプリだそうです。


110309DSC01762.jpg


ふーん、なるほどね。


110310DSC01763.jpg


あれれ?


110311DSC01757.jpg


何で、こんなところにオーハタさん?


110312DSC01764.jpg


これもオーハタさんちの土鍋だ。

なんで?


110313DSC01758.jpg


会場はいっぱいです。


110314DSC01766.jpg


レジにもいっぱい並んでます。


110315DSC01768.jpg


売れてますか?

後ろからこっそりと話しかけました。


110316DSC01769.jpg


オーハタさんちの奥さんとは9月に会ったばかりです。

うちの奥さんとは久しぶりです。

ご主人はいつから、サインを入れるようになったんだ?


110317DSC01770.jpg


オーハタさんは、去年初めてこの陶器市に参加したそうです。

で、いきなり賞を去年頂いたそうです。

その関係で、僅か2回目の今年には別室展示の光栄を受けたのかな?


この天草大陶磁器展では、レジが離れたところにあるので、

お客様は商品をカゴに入れて出口近くのレジに持っていきます。


店側としては、いつの間にか商品が消えてると不安になる事や、

お客様から直接お金を頂いて、商品を手渡しするわけじゃないので

コミュニケーションがとれないもどかしさもあるようです。


なるほど、気がつかなかった。


110318DSC01771.jpg


今回は5日間なんだけど、去年は6日間あったそうです。

大変そうですね。


110319DSC01773.jpg


自宅に帰ってパンフ見て驚いた。

去年、鶴田一郎賞をもらったんだ。

分る。


110320DSC01802.jpg


追記:

オーハタさんから貰った焼酎、もう飲んじゃいました。

美味しゅうございました。



DSC01777.jpg
スポンサーサイト



みやまにて Ⅱ


陶遊館に寄ってみます。

ここなら窯元の作品が全部見られます。


110217DSC01736.jpg


薩洲善衛陶舎さんは葉脈の書かれた表面にピンクのマーブルが

割と多く散らばっています。

ペリカンみたいな急須を作ってます。


110218DSC01726.jpg


15代沈壽官さんは、美山の顔みたいな方です。

世界的に知られている陶芸家です。


110219DSC01727.jpg


圭介窯さんは、楽しい焼き物を見せてくれます。


110220DSC01728.jpg


パステルカラーの陶器もあります。


110221DSC01729.jpg



奥が登り窯みたいなので、行ってみます。



110222DSC01735.jpg


ありました。

でも、ちょっと古い感じがしません。


110223DSC01732.jpg


火を入れてます。

作陶の最中なんでしょうか?

この窯は平成10年に造ったって事?


110224DSC01733.jpg


火を見ていたオジサンが窯の中に

パンがいっぱい置かれたトレイを入れました。

パンを焼いてたんだ。


110225DSC01734.jpg


パンは下の広場で、チケットを売っています。

ここでパンと交換です。

あと30分で焼き上がるそうです。


ほかの登り窯を遊ばせてる窯元さんも、マネすりゃ良いのに。


110226DSC01738.jpg


最後に木工作品が見たいので、「てげてげ」に寄ります。

「てげてげ」は、「まぁ、こんなもんで良かっじゃがぁ」ぐらいの意味です。


110227DSC01739.jpg


アメリカンナイズの家具に移行してしまいましたね。

注文制作だけになったみたいです。


110228DSC01740.jpg


高速に乗って、アミュプラザにやって来ました。

人がウジャウジャいます。


110229DSC01742.jpg


僕も入った事の無い、有名なラーメン屋さんに行きたいと奥さん。

満席でした。

ご家族の隣に相席させられました。


110230DSC01745.jpg


今時850円もするラーメンにしては、地味です。

しっかり底からかき混ぜて下さいとのことです。


かき混ぜて汚くするのが本来大嫌いなのですが、仕方ありません。

多分、底に味を決める出汁スープが入っているのでしょうが

最初からブレンドして、美しい状態で目の前に置かれたいのですが。

まぁ、いいか。


110231DSC01743.jpg


首をかしげながら食べました。

これ、何ラーメン?


豚骨じゃなかったの?塩ラーメンなの?

しっかりかき混ぜたのに、薄味というより、味が薄い。

豚骨スープの味しないし、塩辛い。

麺も何でチャンポンみたいなヤツなの?

そうだ、これ薄っすいチャンポンだ。


多分二度と食べないなと思いながら、我慢しながら食べました。

鹿児島人は薄味って知ってるけど、こんなのが好きなの?

熊本に食べにおいでよ。

ワンコインで美味しいラーメンあるよ。


110232DSC01744.jpg



追記

オーハタさんちの今度の食器の置き場を探そうと、食器棚をひっくり返したら

奥から出てきました。

良かった良かった。

左が永吉さんの湯飲みで、右が薩洲善衛陶舎さんのリーフです。


110233DSC01793.jpg


これは今回買った、圭介窯さんの大振りのどんぶりです。


すでにサラダボールとして使いましたが

濡れると青が消えちゃう!と奥さんが嘆いています。

じゃぁ、濡れない食材を頂きましょう。

オーロラの様な、暗闇の中の青です。


110234DSC01796.jpg

みやまにて。


車から降りて直ぐに、脇道に入り、山に進みます。

永吉さんの窯と、息子さんの窯に向かいます。

ただ、永吉窯と表記されてないのが気になります。


110201DSC01704.jpg


永吉さんは数年前に亡くなったと、後日オーハタさんから教えてもらいました。

展示室に、我が家にあった湯飲み茶碗と同じモノが並んでます。

そう言えば、永吉さんの湯飲み茶碗を、最近我が家で見ません。

地震で割れたのか、家を移った時に誰かにあげたのか。


110202DSC01705.jpg


圭介窯で、アウトレットの青いボールを購入。

サラダボールに合いそうです。


110203DSC01706.jpg


裏道から本通りに出て、壽官さんの屋敷に向かいます。


110204DSC01707.jpg


こちらのリーフの陶器も幾つか買ったのですが

今の我が家にはひとつもありません。

地震で割れたのかな?


110205DSC01708.jpg


広場に出ました。

色々なテントが並んでいます。


110206DSC01710.jpg


壽官さんの展示場に入ります。


110207DSC01712.jpg


壽官さんの黒ジョカは家移りの時に娘にあげたそうです。

裏庭に行って、甘酒をご馳走になろうかとも思いましたが、

先を急ぎます。


110208DSC01714.jpg


先ずはガラス屋さんに向かいます。


110209DSC01716.jpg


ガラス工房ウェルハンズさんは、村の奥のはずれにあります。

テクテク歩いて行きます。


110210DSC01717.jpg


オーダーメイドのギター屋さんです。


110211DSC01718.jpg


いつもお茶を買ってた、荒木窯さんに寄ります。


110212DSC01720.jpg


昔、ちっちゃなお猪口を買ったのですが

それも我が家にありません。

8年経つと、記憶が曖昧になります。


110213DSC01719.jpg


8年は長いです。

8年の内に子供達が結婚して、子供達の子供が出来て

逆に沢山の人達が亡くなりました。


やっと到着しました。

ここが村のはずれです。

みんなも暑い中、歩いてきてます。



110214DSC01721.jpg


奥さんが作り、ご主人は売るのが担当です。


色ガラスを長く細く引っ張り、レースの様な繊細な細い糸状にして

透明なガラスの中に閉じ込めます。


凄い技術です。

こちらで買った一輪挿しは、今でも僕の部屋のペン立てとして使っています。


110215DSC01722.jpg


奥さんが、友人にプレゼント用の箸置きを四個購入。


110216DSC01723.jpg


この後、鹿児島アミュプラザに行く事に急遽なったので、村に帰ります。


小鹿田(オンタ)の郷にて。

九州自動車道の大分道の山田SAです。

いつもここで休憩です。

家を出る時は、小石原に行く予定だったのが

人が多いのが嫌なので小鹿田に変更しました。

秋の小鹿田は最高です。



101301DSC01113.jpg


ところが、こんな場所に駐車させられました。

初めてです。

何が起きたんでしょうか。


101302DSC01114.jpg


これ、渋滞ではありません。

駐車してるんです。

何が起きたんでしょうか。


101303DSC01116.jpg


何だこの人混みは。

僕が知ってる小鹿田じゃ・・ない。


101304DSC01126.jpg


いつもは、10人くらいしかお客さんいないのに。


101305DSC01125.jpg


何が起きたんでしょうか?

ガイドブックに大々的に紹介されたとか

テレビで特番組まれたとか、



101306DSC01118.jpg


登り窯覗いていないで、小石原にでも行ってくれないかな。


101307DSC01120.jpg


僕も中を覗いてみました。

意外と広くてしっかりした造りです。


101308DSC01121.jpg




101309DSC01122.jpg


こんな光景初めてです。


101310DSC01131.jpg


資料です。


101311DSC01128.jpg


オンタの名称は年貢に取られないための、

山奥に作った隠れた田んぼだったんですね。


101312DSC01129.jpg


日本の作陶は、秀吉の朝鮮出兵で始まったみたいですね。

強制的に異国に連れてこられた人達を思うと、

悲しみが見えてきます。


101313DSC01130.jpg


あれあれ、奥さんが出てこない。


101314DSC01132.jpg


この中から4枚選んでとの事です。

今日は秋の風情を楽しみに来ただけですから、

まさか買うとは思っていなかったのですが、

娘が欲しいとの事です。

いつもの事です。


101315DSC01133.jpg


そう言えば、アルバムに乳母車に乗った娘の写真がありました。

何十年前の事でしょうか。


101316DSC01135.jpg


小さな集落です。


101317DSC01137.jpg


窯元も両手指に満たない程度です。


101318DSC01138.jpg


だから、ゆっくり散策出来ます。


101319DSC01140.jpg


コスモスが咲いて、ススキが白い穂をみせる頃に

歩くには最適な郷です。


101320DSC01142.jpg


ここで、お蕎麦を食べるのを楽しみに来たのですが

今日は入れそうにありません。


101321DSC01143.jpg


九州で初めて、重要文化的景観に選定された郷です。

今度来るときは、もっと静かな季節に来ましょうか。

日田のインターを目指します。


101322DSC01144.jpg


真っ直ぐ帰らず、福岡のコストコにやって来ました。


101323DSC01149.jpg


日曜日だから仕方無いか。

お客さん多くて、ホットドッグ食べれそうにない。


101324DSC01145.jpg


今日の買物です。

冷凍庫行きだったり、親戚に配ったりです。


101325DSC01147.jpg


昨日が天草で、今日が小鹿田でした。

明日は高森かな。


101326DSC01148.jpg

巨大な台風です。

巨大な台風が関東に近づいています。

天草でこんな風ですから、関東はどんなに酷いのか

想像できません。


101201DSC01075.jpg


エビノミヤガワ・ピピンガピンにやって来ました。


101202DSC01073.jpg


エビフライです。


101203DSC01070.jpg


天丼です。

海老を買いに来たついでに、食事にしました。


101204DSC01071.jpg


うちのオリーブが実を付けていますので

もしかしたらとやって来ました。

アタリ!


101205DSC01078.jpg


前回来た時に、ビンゴゲームでオリーブの苗が当たったのを思い出した。

我が家の庭で、スクスクと育っています。


101206DSC01082.jpg


今日もビンゴゲームカードを3枚貰ってしまいました。

あと30分くらいで始まるのですが、

何も買ってないのにそれだけ参加はないでしょの奥さんの意見で

待たずに帰る事にします。


101207DSC01084.jpg


台風のせいなのか、お客さん少ないです。

こんな日に遊びまわる人なんて少ないですよね。


101208DSC01083.jpg


何も買わずにスタッフのお姉さん達と

オリーブの植え付けの話で盛り上がりましたから満足です。

帰ります。


101209DSC01085.jpg


陶丘工房さんにやって来ました。

今日は天草西海岸陶器市をやっているのですが

陶丘工房さんは参加していません。


101210DSC01089.jpg


ここは屋外の展示場です。

新作も並んでいます。

お客さんもいました。


101211DSC01090.jpg


お茶とお汁粉を頂きました。

いつもありがとうございます。


101212DSC01091.jpg


台が気に入って、ひっくり返してみました。

真似して作るか。


101213DSC01093.jpg


我が家の食器棚みたいです。


101214DSC01092.jpg


次は、内田皿山まで行ってみようかと思います。


101214DSC01094.jpg


イルカが空を泳いでいます。

波もかなり荒れています。


101215DSC01097.jpg


イルカセンターに寄ります。


101216DSC01099.jpg




101217DSC01102.jpg


11月に入ると天草大陶磁器展が始まります。

今日はブラリと窯元巡りです。


101218DSC01103.jpg


でも、向かうのは内田皿山だけです。


101219DSC01100.jpg


イルカセンターで僕の昼のおかずを調達しました。


101220DSC01104.jpg


内田皿山さんです。


101221DSC01106.jpg


やはり台風が九州にはあまり影響が無いとはいえ、

秋晴れの窯元巡りにはほど遠いのか、

お客さん少ないです。


101222DSC01105.jpg


僕がここに来たかったのは、陶器鑑賞じゃなく

この風景を見に来たかったんです。

毎年の秋を感じる郷です。


101223DSC01108.jpg


陶丘工房さんのシチュー皿を求めました。


101224DSC01109.jpg


今年が何周年かで、(忘れた)

記念のお皿を頂きました。

昔の三本杉のマークです。

前に、もう三本杉の陶器は作らないんですかと尋ねた時に

工房の前の三本の杉の木の一本が、台風で倒れたんで

もう作らないんですよと答えられました。


台風の状況が次々と、車のテレビに映し出されます。


101225DSC01111.jpg


持って帰って来てしまいました。


101250DSC01180.jpg



プロフィール

ボエム

Author:ボエム
灰色の鶴の舞立つ漁村生まれ。
終の棲家探しへ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR