FC2ブログ

超写実展にて。

「こんにちわ!」

大きな声で突然、隣で絵を見ていた人から声を掛けられました。

40歳前後の男性ですが、見覚えがありません。

誰だっけと一生懸命考えてると

「突然声を掛けてスイマセン。」とニコニコしながら謝り、


「お昼のニュースであなたを見てやって来ました。」



110601DSC01863.jpg

ー Maria Jose Cortes ジェネレーション@ ー


はいっ?

えーと、と、頭をフル回転させます。

やっと分りました。

もうテレビに映ってるんですか?

「今、見て来ました。」


110602DSC01855.jpg

ーAurelio Rodriguez 記憶をたどる ー



「熊本県の○○市から来てるんですか。

昔、知り合いがいたんですよ・・」

と、語り出しました。

えーっ・・そんな事まで知ってるの?

どこまで放送したんだ?


110603DSC01856.jpg

ー Adonai Oliver Navarro 画家ペペ ー


何も聞いていなかったから、明日以降に放送されると思ってたんだけど

昼のニュースでもう放送されちゃったみたいです。


110604DSC01861.jpg

ー Carlos Marijuan シロ ー


佐賀のイベント情報をネットで見てたら驚きました。

しかももうすぐ終了します。


110605DSC01803.jpg


急いで行かなきゃ。

またあの絵が見られると、ウキウキしながら高速に乗りました。


110606DSC01812.jpg


受付の近くに背広組が数人立っていました。

気にせず、入場料を払い、トイレを探してると

40代くらいの背広が近づいてきました。


私、○○テレビの○○と言いますと、自己紹介をして、

「お話を聞きたいのですが、宜しいでしょうか?」と近づいてきました。

何かのアンケートでしょうか?


傍にいた会社の人達を紹介して、あそこに内の局長もおりますと

一番エラそうなオジサンを指差し、お互いに一応挨拶しました。

何だ、こいつら?


「入場3万人目ということで、一言だけ取材させてもらって、

テレビカメラの前でなんですが、宜しいでしょうか?」


僕が3万人目という事ですか?

「はい、そうです。」


110607DSC01811.jpg


早く先に言えい。


普通は、おめでとうございますと皆で大声で叫びながら

くす玉を引っ張って、花びらを飛ばすんじゃないの?

何でそんなに、しっとりと話しかけてくるんじゃい。


110608DSC01809.jpg


お偉いさんから、おめでとうございますと記念品を渡されました。

何がおめでたいの?

今日の展覧会の本を2冊頂きました。

あっ、おめでたい。


110609DSC01825.jpg


後から考えたら、3万人目が僕で、この人達はラッキーでした。


3万人目の僕が、熊本からわざわざこれを見るためだけに

高速で2時間掛けてやって来て、しかも前に一回来て

ここでしかこの超写実展やってないから、佐賀県に感謝してる事とか

入場する前なのに、べらべらと、いかにこの絵画が他の絵画と比べて

素晴らしいのか、千葉のホキ美術館にも行ってみようと思ってるとか

主催者が泣いて喜びそうな話を続けたのだ。


110610DSC01831.jpg


取材が終わってからも、再びキレイな女性アナが走って来て

僕の氏名漢字を書かされて、年齢まで聞かれた。

そこまで教える事もないかなと思いつつ教えてしまった。

まさかテレビでテロップが流れるなんて思ってもいなかった。


110611DSC01838.jpg

ーCarmen Mansilla  リリスの伝説ー


それから絵画を鑑賞している図を撮れというのが

聞こえてきた。


110612DSC01839.jpg


ゆっくり鑑賞させてくれ。


110613DSC01824.jpg


大きな絵です。

毛穴もシミも、ホクロもシワも産毛も脂汗さえ見えます。

瞳の奥を覗き込んで見ました。

何も写っていませんでした。


110614DSC01853.jpg

ー Jaime Valero ポートレートNO,5 ー


カンバスやパネルを舐めるくらいの距離で

技法を見つめます。


110615DSC01866.jpg

ー Alejandro Carpintero 2区のプリンセス ー


恐れ多くも、描こうとしてるんです。



110616DSC01885.jpg

ー Jacobo Alcalde Gibert 都市からの亡命 ー

無理です。

次元が違います。

肌のブツブツは筆跡が見えるけど、無理です。


110617DSC01862.jpg

ー Ivan  Franco Fraga サルマキスNo,3 ー


この髪の毛、どうやって描いてんだ?

このシワは?

この髭は?皮膚は?  分らん。


110618DSC01857.jpg

ー David Naylor 私に話しているのかい!!?? ー


無理です。

無理です。


110619DSC01873.jpg

ー 五味文彦 パンと檸檬 ー


こんなに瑞々しい檸檬なんて、描けない。

丸一年掛けたら描けるかも。

ありえないか。



110620DSC01878.jpg


他の人達はどんな感じで鑑賞してるんでしょうか。


110621DSC01881.jpg

ー 藤原秀一 ひまわり畑 ー

真似して描こうって思って鑑賞してるのって、僕だけでしょうか。


110622DSC01882.jpg


今回は地球でたったふたつだけ、写実絵画に特化した、

千葉のホキ美術館と、スペインのヨーロッパ近代美術館のコラボです。


110623DSC01867.jpg

ー 島村信之 籐寝椅子 ー


日本だけじゃ無く、地球の裏側にも

リアリズム絵画を愛する国があったなんて嬉しいです。


110624DSC01870.jpg

ー 森本草介 果物たちの宴 ー


先に日本人画家さん達の作品がスペインで展示され、

好評を博しその後今回、スペインの選りすぐりの画家さん達の

59点もの作品を日本で見る事が出来ます。


110625DSC01872.jpg

ー 島村信之 響き ー


自宅から、僅か2時間の場所で鑑賞出来るなんてラッキーです。


110626DSC01874.jpg

ー 原 雅幸 クリストファーロビンの聲 ー


何も考えずに、唯ひたすら鑑賞することにします。


110627DSC01877.jpg

ー 松田一聡 無題 ー


でも、パネルに顔をくっつけて細かい部分のあら探しをしています。

でも、パーフェクトに描き込んでいます。

ひたすら感動しています。

野田弘志さんは昨年、元天皇皇后両陛下の肖像画を描かれた画家さんです。


110628DSC01879.jpg

ー 野田弘志 聖なるものTHE-Ⅳ ー


見応えがありすぎます。

前回もそうでしたが、この写実展は疲れます。


110629DSC01880.jpg

ー 島村信之 幻想ロブスター ー


二時間掛かって出口に近づいたので、もういちど入口に戻りました。

もう一回見直そうと思ったわけです。

そこで、声を掛けられたんです。

彼もまだ僕がここにいるなんて、思ってなかったんでしょうね。


110630DSC01875.jpg

ー 鶴 友那 ながれとどまりうずまききえる ー


何を使って描いたのかさえ分りません。

パンフに書いてありました。

”写真だったら、こんなに見つめる事があるでしょうか。”


110631DSC01884.jpg

ー 三重野 慶  信じてる ー


今回頂いた、展示会の書籍がこれです。


110632DSC01883.jpg


この後せっかくここまでやって来たので、博物館に行き

鍋島藩の立派な殿様を見学しました。


10年ぐらい掛けて、30号くらいの絵を一枚描こうかなと

ぼんやりと考えながら、又2時間掛けて熊本に帰ります。


スポンサーサイト



熊本市内ブラブラ。


伝統工芸館にやって来ました。


072401DSC09111.jpg


屋根の部分の修復ですか。


072402DSC09105.jpg


陶丘工房さんから、ご案内のハガキが届いていました。


072403DSC09106.jpg


ちょっと顔を出してみます。


072405DSC09109.jpg


ここでもゆったりした時間が流れてます。

県のクラフト作品を時間をかけて鑑賞します。


072404DSC09107.jpg


陶丘工房さんは地下で展示されてます。

ふと見たコーヒーカップに、見覚えがあります。

でも最近、我が家で見た憶えがありません。


末石さんに、このカップは地震前のデザインですかと聞くと

そうですと答えられました。

地震で壊れたのかな?

その後、地震の話で盛り上がりました。


072406DSC09108.jpg


で、買ってしまいました。

帰宅して、大きな間違いに気がつきました。



コーヒーカップは元々買ってませんでした。


072407DSC09138.jpg


コーヒーメーカーと勘違いしてました。

もちろん、大きさも形も用途も全然違います。


最近見ないなと思ったのも理由は分ります。

これはペーパードリッパーが台形で、扱いにくいので今は使っていません。。


072419DSC09165.jpg


今は三角錐のドリッパーしか使っていません。

どこのお店に行っても、最近の主流は、

渦を巻きながら一点に落ちて行く、三角錐の形になっています。


072420DSC09166.jpg



街に出ます。

天気良い街も、久しぶりです。


072408DSC09112.jpg


地元の町でも特に不便は感じないけど、

やっぱり熊本市内に来ないと買えないモノがいっぱいあります。


072409DSC09114.jpg


楽器屋さんで、ケーナの教則本を購入。

そろそろ始めるぞ。


072410DSC09139.jpg


熊本の本屋さんならあるだろうとやって来ました。

でも、一生懸命探しても見当たりません。

あきらめて、レジの女の子に尋ねてみました。


道尾秀介の「いけない」という本はありませんか?

「最近も、別の人から問い合わせがあったんですが、

売り切れで今納品待ちなんですよ。

まるぶんさんには行かれましたか?」


072411DSC09113.jpg


と言う事で、まるぶんさんにも尋ねてみました。

「注文してるんですが、いつ入って来るか分らないんですよ。」


待つしかないか。


072412DSC09124.jpg


現代美術館に上がります。

夏休みという事もあるんだろうけど、親子連れだらけです。

デザイン「あ」展です。

確かにNHKの子供番組ですが、実際、子供達だらけで入りづらい。



072413DSC09122.jpg


壁に草間彌生さんの、のぞき穴があります。

何だろね。


072414草間彌生DSC09118


凄い、チームラボみたい。


072415DSC09117.jpg


やっぱり入るのをやめました。

もう時間も足りないし、ここ涼しいからちょっと読書して帰ります。


072416DSC09120.jpg


県立美術館にいる時に、後輩から電話がありました。

「今、別府です。別府暑いよ。

ビアガーデン行こうよ。」



072417DSC09123.jpg


ついに、ビアガーデンの季節になりました。

僕ならいつでも良いよ。


歌川広重展にて。


透き通るような青い空です。

熊本城二の丸公園です。


072401DSC09101.jpg


県立美術館にやって来ました。


072402DSC09099.jpg


歌川広重展が始まりました。


072403DSC09070.jpg


とてつもなくデフォルメされた箱根の山です。

白いマッシュルームみたいなモノが並んでます。


072404DSC09015.jpg


大名行列のようです。

この絵は何回か見た筈ですが、初めて気がつきました。

この後も、色んな光景の中に大名行列が描かれていました。


072405DSC09016.jpg


当時は富士の山と、雪景色が評判が良かったみたいです。


072406DSC09020.jpg


僕が広重の絵が好きなのは、構図の大胆さやデフォルメもなのですが

描かれている人物に惹かれるのです。


072407DSC09022.jpg




DSC09025.jpg




DSC09028.jpg




DSC09032.jpg




DSC09037.jpg




DSC09042.jpg




DSC09043.jpg




DSC09046.jpg




DSC09051.jpg


この絵は最終目的地の京都の風景なのですが、

三条大橋の橋桁は勿論の事、比叡山の方角が違います。

広重は足を運んでスケッチしていたのかと勝手に想像していましたが

とにかく、京都には来たことが無いようですね。


DSC09052.jpg




DSC09053.jpg




DSC09055.jpg


この橋の下の川を覗き込んでる人が気になります。

来た事無いけど、広重なんでしょうか?


DSC09054.jpg




DSC09056.jpg




DSC09057.jpg




DSC09058.jpg




DSC09059.jpg




DSC09060.jpg




DSC09061.jpg




DSC09062.jpg




DSC09063.jpg




DSC09064.jpg


美しい色彩と、驚きのデフォルメです。


DSC09074.jpg


大胆な構図で描かれています。


DSC09089.jpg


ゆっくり楽しめました。


DSC09094.jpg


館内はヒンヤリしていますが、外は眩しい光に被われています。


DSC09095.jpg


ご飯食べてから移動する事にしました。


DSC09096.jpg


ハッシュドビーフを頂きました。

静かな時間が流れます。



DSC09098.jpg


覚悟を決めて外に出ました。

日射しがキツい。

熊本城を修復中です。

屋根が出来上がるのかな。


DSC09103.jpg


やっぱり汗が噴き出してきた。

続きます。激震Ⅱ。

「予兆」という題名が付いています。


鑑賞し終わるのに20分掛かりました。

細部をこれほど時間を掛けて見る事は、今まで無かった事です。


29031923.jpg


「再生」という絵の一部です。

ルーペをかざしたばっちゃんが、動きません。


29031924.jpg


「記憶」です。

小さな子供達を連れた家族連れも多いです。

おばあちゃん、ここにオバケがいるよ。

絵を小さな人差し指で教えてくれます。

つい、僕もそちらに目が行きます。


29031925.jpg


「箱舟」の一部です。

感嘆の声と、ため息の声が渦巻いています。

メッセージなんかありません、ただ、

楽しんでもらえたらと作者さんが言ってます。

確かにみんな、ひたすら楽しんでいます。


29031926.jpg


「誕生」という作品です。

池田学さんは、現在44歳のはずです。

3メートル×4メートルの作品です。

制作期間は3年だそうです。


29031927.jpg


感性だけの画家さんを、実は僕は嫌いです。

例えば3本の線と、小動物、シンプルな三色の絵だったりすると

例えば中学生が、僕でもマネ出来るなと思ったりすると、

例えば、もう同じ絵しか描けなかったり、画商の為に量産してたりすると

何も尊敬出来ないのです。


29031929.jpg


やっぱり、この技量は人間技じゃないなと思える画家じゃないと

どんなに有名な画家さんでも、好きにはなれないのです。


29031930.jpg


この人、すごいなぁと素直に思います。

この絵が僕にも描けるかの前に、

この人には絶対なれません。


29031931.jpg


一体どんな人生を重ねて来たのか、

とても興味が沸きます。


29031933.jpg



29031934.jpg



29031935.jpg



29031936.jpg



29031937.jpg


この「誕生」を、嬉しい事に佐賀県が購入しました。

また会えるという事です。


ちなみに、価格は一億三千二百万円です。

アメリカの美術館や、カナダのコレクターがもっと高い価格を提示したのですが

沢山の人に観てもらいたいとの理由で、故郷の佐賀県になったそうです。


29031938.jpg


腕時計を見てみました。

2時をとっくに過ぎてます。

3時間半も鑑賞してたみたいです。


そろそろ帰ります。

激震。

自宅を8時半に出発して、10時半に着きました。

ホントはもっと早く出る予定だったのですが、突然の解体作業で

遅くなってしまいました。

美術館の駐車場が満車です。

予想はしてました。


29031901.jpg


あまり待たずに、駐車できました。

29031902.jpg

入場に並んでいます。

29031903.jpg

入口付近が混雑しているので、構わず中の方に入ります。

何故この画家さんの絵を見るために、高速飛ばして2時間走ったのか。

それはこの人の絵は、印刷物で見るべき絵では無いからです。

10センチ四方を描くのに一日掛けると聞きました。

じゃぁ、10センチ四方を見てみたいと思いました。


29031904.jpg

しかも驚くべきは、カラーインクを付けた丸ぺんだけで描いているという事です。



29031905.jpg


じゃぁ、10センチ四方を見ていきますか。

29031906.jpg


絵とお客さんの距離が、こんなに近いのも初めてです。

もちろん僕も、絵との距離は20センチくらいです。

カウンターでルーペを貸してます。

それ借りたお客さんは、殆ど絵にルーペをくっつけています。

珍しい光景です。

29031907.jpg


この自転車に乗った白い人間の大きさは、約2ミリです。

29031908.jpg


10センチ四方を覗いていくと、色んな生命体がいます。


29031909.jpg

花カマキリです。

筆は一切使っていません。

すべてペンです。

それを確認するには、やっぱり現物を見るしかありません。


29031910.jpg

しかも、この線は髪の毛くらいの太さではなく、

蜘蛛の糸か、産毛ほどの細さです。


29031911.jpg




29031912.jpg



29031913.jpg




29031914.jpg




29031915.jpg




29031916.jpg




29031917.jpg




29031918.jpg




29031919.jpg




29031920.jpg



29031921.jpg



29031922.jpg


続きます。


あっ、忘れてた。

まだ若い画家さんです。

イケダ マナブという方です。

3月20日までやってます。

だから、今日来たんですけど。

プロフィール

ボエム

Author:ボエム
灰色の鶴の舞立つ漁村生まれ。
終の棲家探しへ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR