FC2ブログ

雨のカントリーゴールドへ

合羽着て踊ってるよ。

そこまでやるか。


29101514A.jpg


ジョージ・ドゥーカスだっけ。


29101515A.jpg


写真にはあまり写って無いけど、雨降ってんだよ。


29101516A.jpg


早速、グッズ屋さんのテントへ。

テントも今回わずか2店舗だけ。

なんと地元のカントリーウエスタンのお店も出店していません。


29101517A.jpg


もし又、雨の日に来るとしたら、絶対テント持ち込みですね。

今回は折畳みの椅子だけ。

それだけでもスゴク助かりました。


29101518A.jpg


この星条旗みたいなスカートの一団に目がいきました。

気になります。

もしかして・・


29101519A.jpg


ステージの上に、彼女を見つけました。


29101520A.jpg


今年も来てましたね。


29101521A.jpg


今年もMCは、江越のてっちゃんです。


29101522A.jpg


この方々に声を掛けようか迷いましたが、結局出来ませんでした。

神戸からですか?と。

何となく服装の雰囲気が、しんべえさんのグループの様な気がします。

関西弁で喋っています。

しんべえさん、もう83歳か。


29101523A.jpg


クリー・ハリソンは少し太っちゃったみたいだけど、

声、凄い。


29101524A.jpg


知事も雨の中、お疲れさまです。

大変ですね。

今年はくまモン来てません。


29101526A.jpg


スポンサーの方々です。

色んな意味で、大変ですね。

29101527A.jpg


カントリーゴールドは来年で30周年だそうです。


29101528A.jpg


チャーリーさんは今年で82歳です。

まだまだ頑張って欲しいです。

1時間もギターをかき鳴らし、最近のカントリーソングまで唄います。

とてもそんなお歳には見えません。


29101529A.jpg


でも流石に雨はマズいすね。

飲食ブースの、特にビールの売店の人達は死んでましたね。

寒いし、片手に傘持ってるから、ビールは持ててもつまみが持てない。

いつも絶対食べてる赤牛肉の串だって、寒くて食べる気がしない。

しかも、無駄に多かった親子丼のコメが、まだ消化出来てないし。


寒くてビールが飲めないので、JIM BEAMのシングル一杯だけを

舐めて終わりました。

氷が冷たすぎる。


29101530A.jpg


でも、雨なんか気にしない人達もいっぱいいるし、


29101531A.jpg


一年間この日が来るのを、ずーっと楽しみに待ってる人達にとっては



29101532A.jpg


みんなで集まって踊れれば最高なんだろうね。


29101533A.jpg


みんな、メチャクチャ楽しい顔して踊ってます。


29101534A.jpg


さてと、身体が芯から冷えてきました。


29101535A.jpg


雲が落ちて、増々雨風が強くなってきました。


29101536A.jpg

ジェームス・カロザーズまだ見てないけど、
暗いし寒いし帰りますか。

チャーリーさん、長すぎるよ。

米国空軍太平洋音楽隊はどうなったんだろ???


29101537A.jpg
スポンサーサイト



ここ何処やねん。

暖かーいオデンを頂いてホッコリしています。


29101504A.jpg


小さな温泉館です。


29101505A.jpg


山の中にある、それはそれは鄙びた温泉館です。


29101506A.jpg


何故僕は、こんな処に居るんでしょうか?

ホントはアスペクタに居るべきなんですが・・


29101507A.jpg


ところで、メニューの中の「・・菜」、「・・かけ」って、何?

気になります。


29101508A.jpg


産山村の山の中にある、小さな温泉館です。

何で僕はここにいるんだろ?

カントリーゴールドの駐車場入口に着いたのが、8時半です。
雨は相変わらず降り続け、止みそうな雰囲気もありません。
警備員に、今日やっぱりやるのか尋ねました。

「ありますよ。開演は1時からです。」
えーっ、12時じゃなく1時なんですかぁ?
「はい、1時からです。」



どうやら、この雨の状態を考えて、1時間開演を延ばしたんでしょう。

どうする?あと4時間半もあるぞ。
雨の中、1時まで並ぶ?
どっか温泉にでも行く?

すべてを後輩にまかせました。
朝7時に迎えに来てもらい、帰りは送ってもらうのです。
「君の好きにしていいよ。」

彼は、高森の方向に車を進めます。

高森温泉館に向かうと思ったのですが、
高森フォークスクールを見たいと言うので連れて行き、
今度は南阿蘇に行くと山越えしました。

57号線を右折して竹田の方向へ、
「ねぇ、何処か目的があって、走ってるの?」と聞くと、
「何処に行ったら良いと思う?」と聞き返されます。

引返すタイミングが欲しいのか。
「じゃぁ、波野村の道の駅で引返そうか?」

道の駅が近づくと、「竹田に良い温泉があるんだ。」
「何だ、行きたい所があるんじゃん。」


ところが、案内看板を見つけると産山村方向へ。
「ねぇ、どこいくの? どつぼに向かってない?」

やっと目的の温泉地が決まったみたいです。
ただ、名前を思い出せないのでナビを使えません。

三叉路で左折して進みます。
もうアスペクタから随分離れてしまいました。
果てしなく山の中に続いて行く道です。
これで間違いないの?
「たぶん。」
細い山道が続きます。
これで間違いないの?
「たぶん。」

更に山に入って行きます。
「間違いない。」
後輩のつぶやきが「多分」から「間違いない」の確信へ変わりました。

「道、間違えました。」

三叉路まで引き換えし、逆の方向へ。
先ほどの風景とは全く違います。
こんな覚えやすいポイントいっぱいの道を、普通間違うか?



29101509A.jpg


全部、大分ナンバーです。

ここ何処?

29101510A.jpg


ロッカールームには爺様が三人居て、

僕と後輩二人が入ると、おしくらまんじゅうです。


浴室には、二人入れるほどの浴槽が二個あり、

一瞬、露天風呂かと間違ったガラス戸の向うには

壁で仕切られた狭い空間があり、椅子が二脚置かれていました。

ここ何?と後輩に聞くと、身体を冷やす所との事です。

ひなびていて、良いでしょと後輩。


29101511A.jpg


カントリーゴールドの会場ではご飯が食べられないだろうと

ここで食べる事にしました。

多分、会場の草原は雨に濡れて座る事など無理でしょう。


卵と鶏肉の量は少ないけど、かわりにご飯たっぷりの

親子丼です。


29101512A.jpg


一時過ぎに、カントリーゴールドの受付会場に戻って来ました。

もう中止でも構わないという気持ちも少しあったのですが

ちゃんとやってます。


もう誰かが演奏を始めているようです。

音楽が、丘の上から聞こえてきます。

会場に入ると、ちょっと驚きました。

この雨の中、傘や合羽を着たお客さんがいっぱいいます。

みんな凄いし、やっちゃうチャーリーさんも流石です。



29101513A.jpg


唯、始まったばかりの筈なのに

やたら白人さん達と一緒に写真を撮ったり、

やたらと盛り上がっています。

何か違和感を感じるんですけど・・・



やっぱ雨でした。


何でも上手くはいかないもんだ。


29101501A.jpg


椅子が使えるか分からないけど

二脚準備しました。


29101502A.jpg


ジャジャ降りじゃん。

そろそろ出掛けますか。


29101503A.jpg

準備出来ましたけど。

今日の昼からの降水確率は60%ですが、

この雲の色は雨雲ではありません。

現在15時です。

明日は昼から70%です。

こんな感じなら良いのですが。


29101401A.jpg


ブーツを磨いて、


29101402A.jpg


テンガロンハットのホコリをガムテープで取って、


29101403A.jpg


襟飾りを付けて、


29101404A.jpg


そうそう、去年も降水確率が70%で、

結局、青空だったんです。

それを期待するしかないけど。



29101405A.jpg


ブレザーの皺を伸ばして、準備が終わりました。


29101406A.jpg


ちょっと、空の気配が変わってきましたよ。


29101407A.jpg


あかん、降ってきた。


29101408A.jpg


明日は7時に迎えに来るんだけど

せめてその時だけでも、雨止んでくれてないかなぁ。

雨、降らんでくれぇ。

草原の寝床へ。


甘いバーボンと、緑の草の匂いが浮かんできます。

10月に入りました。


カントリーゴールドが真近になってきました。

出演者も発表されました。

ジョージ・ドゥカスです。


ジョージ・ドゥカス


草原に彼女の伸びやかな唄が響きわたるでしょう。

クリー・ハリソンです。


クリー・ハリソン


カントリーと言えばホンキートンクです。

個人的見解ですが。

ジェームズ・カロザース楽しみです。


ジェームズ・カロザース


問題はこの方々です。

横田基地とハワイ基地に所属する

米国空軍太平洋音楽隊の方々ですが、どうなんでしょう。


多分ポップスになると思うんですが、それはそれで楽しみです。


米国空軍太平洋音楽隊


一年に一度、青空を眺めながら、

阿蘇の広大な草原に寝ころびたいと思います。

そのまま熟睡できれば、それも好しです。



青空でありますように。


プロフィール

ボエム

Author:ボエム
灰色の鶴の舞立つ漁村生まれ。
終の棲家探しへ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR