FC2ブログ

平谷温泉にて。


もう真っ直ぐ帰るだけですので、ちょっと道の駅へ。



011924IMG_1753.jpg


居た居た、昨日のカニだ。

意外と値段が高いのでビックリ。

ひとり何匹使ったんだろ?


011925IMG_1756.jpg


出た。

定番のムツゴロウです。


011926IMG_1758.jpg


これも定番のワラスボです。


011927IMG_1759.jpg


見た目から当然、こんなポテチや、


011928IMG_1760.jpg


こんなラーメンが出てきます。


011929IMG_1761.jpg


これも定番のお土産です。


011930IMG_1762.jpg


さて、山の中に入ってきました。


011932IMG_1783.jpg


あまり知られていない温泉施設みたいです。

旅館の見送りの女の子に聞いてみましたが

知らないとの事でした。


011933IMG_1774.jpg


「ひなびた」を絵に描いたような温泉施設です。


011934IMG_1764.jpg


今日は森を見ながらの入浴です。


011935IMG_1767.jpg


露天風呂は表面はぬる湯でしたが

このくらいなら入れるかなと足を差し入れると

底は冷水でした。

無理。


011936IMG_1765.jpg


お客さん少なく、広くて

森林に囲まれた良い温泉です。


011937IMG_1771.jpg


寄って正解だったね。


011938IMG_1766.jpg


平谷温泉の文字が、どうにか読み取れました。


011939IMG_1777.jpg


由来が書いてあります。

発見されてから開湯されるまでの130年間は

どうしていたんだろと、素朴な絵が浮かびます。


011940IMG_1781.jpg


お昼は、大川のうなぎ屋さんにします。


011941IMG_1786.jpg


本吉屋さんです。

ここも創業古そうですね。


011942IMG_1784.jpg


美味。


011943IMG_1785.jpg


最後はボスが家具を見たいという事で

関家具さんへ。


011944IMG_1788.jpg


風呂の中で、二人で来年のおとこ旅の話をしていたそうです。

来年はおとこ旅を始めて10年目だそうです。

もう、そんなに?


011945IMG_1789.jpg


そう言う訳で

来年は、北海道に決定しました。


企画担当は僕になりました。

時間掛けてじっくり計画しましょう。

問題なのは来年、ふたりが自由の身なのかですが。

頑張りましょうね。

スポンサーサイト



月の引力が見える十方空。


十方空とは、空に被われているという事でしょうか。



011901IMG_1731.jpg


屋根も壁もありません。

海の音が流れています。


011902IMG_1710.jpg


雨が降ってたみたいです。

濡れています。


011903IMG_1711.jpg


遠く天草の空が、光を帯びてきました。


011903IMG_1717.jpg


太良町は、月の引力が見える町だそうです。


011904IMG_1713.jpg


つまり、潮の満ち引きが見える静かな宿です。


011905IMG_1714.jpg


ここにも望遠鏡がありました。

真夜中のお風呂からも、昨夜の星の煌めきが見えたのでしょうか。



011906IMG_1720.jpg


静かな朝です。


011907IMG_1715.jpg


水平線には灰色の真綿が敷かれています。

黄金の朝陽は望めないかも。



011908IMG_1719.jpg


今日の時が動き始めました。


011909IMG_1722.jpg




011910IMG_1723.jpg




011911IMG_1724.jpg


迎えてくれました。


011912IMG_1725.jpg


昨夜満天の星を映した空が

赤い炎を見せてくれました。


011913IMG_1726.jpg




011914IMG_1728.jpg




011915IMG_1729.jpg


やっと、朝陽が顔を出しました。


011916IMG_1733.jpg


暖かい光りに包まれました。


011917IMG_1735.jpg


良いお風呂でした。

朝ご飯食べに行きましょうか。


011918IMG_1732.jpg


またカニがいた。

美味しい朝ご飯でした。


011920IMG_1745.jpg


今夜も、美しい星達が姿を見せてくれればいいですね。


011921IMG_1746.jpg


山口さんが写した天の川です。

オーナーは雲だと思っていたそうです。

それほど、宇宙が肉眼で見える海辺の旅館でした。


011922IMG_1747.jpg


昨夜の天体観測の会場です。

望遠鏡を車に積んで、きっと今夜もご登場です。



011923IMG_1751.jpg



楽しかった宿を後にします。

シリウスの下で。


満天の星空です。

信じられない星の数と、煌めきです。

真っ暗です。

僕の今日のカメラでは、何も写りません。

これはテーブルに置かれたランプと、コーヒーカップです。


011849IMG_1702.jpg


オリオンを探す迄も無く、頭上に輝いています。

海辺なのに、こんなに煌めくオリオンは初めてです。


写真に撮れないので、僕の愛蔵書を使います。


オリオンの左下にある、シリウスがLEDライトみたいに輝いています。


「今夜は風が吹いて空気を綺麗にしたから

シリウスがこんなに光り輝いています。

こんなクッキリした綺麗な星空は珍しいですよ。」

暗闇から声が聞こえてきました。


011850IMG_1798.jpg


ヤマグチ マモルさんですか?

声を掛けました。

「そうです。山口です。」

ご夫婦で星の説明をしてくれるようです。


011851IMG_1797.jpg


レーザーポインターを使って星の名前を教えてくれます。

北極星の探し方を教えてもらいましたが

僕の住む町では見えないかもとの事です。


と言うよりも、僕の家の夜空には星が少ないのです。

街路灯が我が家の庭まで明るく照らしてくれてるし、

地平線は町の灯りに包まれてるし。


011852IMG_1799.jpg


丸い大砲の様な、ドブリニアン望遠鏡を覗かせてくれます。

驚く事に望遠鏡を抱えて、ピンポイントの星を捕まえます。

通常はコンピュータを使ってやる事です。


011854IMG_1800.jpg


僕は先ずオリオンを探して、そこから周りの星を確認しますが

この人に掛かると望遠鏡を操り、秒速で捕まえます。

凄い。


011855IMG_1801.jpg


目では見えない星の間に望遠鏡の焦点を合わせて

煌めく星屑を見せてくれます。


011856IMG_1803.jpg


シリウスを望遠鏡で見ると

目が痛むような、ダイヤモンドのような光の矢を放っています。



011857IMG_1804.jpg


僕が完全に、勘違いしていた事があります。

シリウスや、その他のここに見える輝く星達は

地球の裏にある太陽の反射で光り輝いて見えるのでは無く、

星自体が燃えていたのです。


011858IMG_1806.jpg


望遠鏡で生のアンドロメダを見ました。

凄い事です。


011853IMG_1802.jpg


奥さんが、オリオンのペテルギウスに

去年辺りから異変が起きてると教えてくれました。


明るさが急激に減り、すでに寿命を迎えているかもとの事です。


こいつが燃え尽きると爆発が起きて、月に近い明るさになり

数ヶ月は昼間でも確認できるようになり、その後は徐々に暗くなり

見えなくなるそうです。


ペテルギウスが無くなると、オリオンを探しづらくなってしまいます。


011860IMG_1812.jpg


画像は、山口守さんのフェイスブックからお借りしました。


寒くなければ、もっといたかったのですが、

自宅に帰ったら、星の観察が出来る山を探そうと心に決めて

お二人にお礼を言って、旅館に戻りました。

レーザーポインターを手に入れようっと。


今夜はもう飲めないな。

竹崎カニ喰らう。

夕食の開始です。

カニハサミが置いてます。



011827IMG_1663.jpg


カニスプーンが置いてます。


011829IMG_1665.jpg


日本酒3種の味くらべいきます。


左から能古見、蔵心、岩の蔵、

甘口、中辛、辛口ですが、蟹に関しては辛口が合いました。


011830IMG_1667.jpg


蟹のバリバリの唐揚げです。


011831IMG_1668.jpg


柔らかい烏賊の茶碗蒸しです。

美味です。



011832IMG_1669.jpg


焼き蟹と、茹で蟹の登場です。

太良と言ったら、とにかく竹崎カニです。

これを求めて九州からお客さんが集まります。


011833IMG_1671.jpg


さぁ、食うぞぉ。


011834IMG_1672.jpg




011836IMG_1674.jpg




011837IMG_1675.jpg




011839IMG_1678.jpg




011840IMG_1679.jpg




011841IMG_1680.jpg




011842IMG_1681.jpg


突然ですが、これ、レンコン饅頭だったっけ?


011843IMG_1682.jpg


疲れたーっ。

お腹いっぱいです。


011844IMG_1683.jpg


テーブルの敷き紙には、三人別々に書を書いていますが

達筆で読めません。

冬のひととき  ごゆっくり

その後・・何?


011845IMG_1684.jpg


女性スタッフが飛び込んできました。

「今夜は出来るそうです。」

えーっ、今夜はもう諦めてたのに・・

雲が晴れたの?


011846IMG_1685.jpg


行くベ行くべ。


大急ぎでフロント通って、

玄関を抜けて目の前の真っ暗な波止場へ。


いらっしゃいました。

ご夫婦です。

黒い大筒が、暗闇のなかに確認出来ます。


011848IMG_1703.jpg

おとこ旅、太良へ。

肥前浜宿の酒蔵通りにある、肥前屋本館さんにお邪魔しました。

奥には峰松酒造場があります。


011801IMG_1604.jpg


峰松酒造さんのお酒だけで無く、

この酒蔵通りにある光武酒造さんのお酒も置いてあります。

こちらで試飲させて頂きました。


光武酒造さんのお酒が気に入ったのですが

さすがに他所の商品は買いづらい。


峰松酒造さんの生酒を買って帰り、奥さんと飲みましたが

とても美味しいお酒でした。


011802IMG_1606.jpg


一番奥の部屋は、何故かレトロな空間になっていました。


011803IMG_1608.jpg


「タビ好き」来た!


011804IMG_1611.jpg


団体さんが入って来始めました。

今日は中国のお客さんが70人来店されるそうです。


さて、おとこ旅の開始です。


011805IMG_1612.jpg


沖ノ島に向かう、海中鳥居です。


011806IMG_1621.jpg




011807IMG_1620.jpg


お昼ご飯にします。

海が見えるフタバさんというお店です。


011808IMG_1623.jpg


タラ町の観光丼であるタラふく丼という中から、このお店を選びました。


ところで、タラマチの漢字ですが、太良町と多良町の二通りを使っているみたいですが

最後までその理由を、町の人達に聞き忘れてしまいました。


011809IMG_1626.jpg


運転手のSYOUZOUさんには悪いのですが、

一発目のビールいきます。


011810IMG_1628.jpg


申し訳ないけど、タラふく丼を無視して

見た目が無茶苦茶美味しそうだったので

僕は牡蠣フライ丼を注文しました。


011811IMG_1629.jpg


蓋を開けた途端にカキの香りが膨らんで

カキの汁が口に広がり、とてつもなく美味しい丼です。

広島の牡蠣フライ丼とは比べ物にならないくらい美味しい。


011812IMG_1630.jpg


こっちはふたりの、タラふく丼です。


このフタバさんですが、昼になって続々とお客さんが入ってきます。

小さなお店ですが、天丼もカツ丼もチャンポンも美味しそうです。

有名なお店なのかも。

覚えとこう。


011813IMG_1635.jpg


チェックインまで時間があるので

わさび苑にやってきました。

九州でワサビ農園なんて珍しいです。


011814IMG_1636.jpg


かなり広く大きな農園です。


長野の、大王ワサビ農園とかを想像したのですが

自然の中で育てている農園では無く、苗を入れたポット栽培みたいで

想像した雰囲気と大分違いました。


011815IMG_1638.jpg


でも、花を見つけました。


011816IMG_1640.jpg


佐賀名産の海苔を買いに寄ります。


011817IMG_1643.jpg


早めに旅館に到着しました。

「ほうようそう」さんです。


011818IMG_1644.jpg


15時チェックアウトのお客さんが、随分います。


011819IMG_1646.jpg


部屋に案内されました。

ユッタリとした広い部屋です。

熊本の海岸線、荒尾や玉名が、右には天草が見えます。


011820IMG_1648.jpg


可愛い蟹さんのイラストです。


011821IMG_1651.jpg


もうすぐ夕食だというのに、

乾き物を開いて、いきなり酒盛りを開始しました。


011822IMG_1652.jpg


空には雲が広がっています。

大丈夫かな?


011823IMG_1658.jpg


堤防にひとり、ルアーを引っ張ってるコがいました。


011824IMG_1655.jpg


静かなさざ波が聞こえます。

011825IMG_1654.jpg


雲が厚くなってきました。

今夜は無理かなぁ。


011826IMG_1660.jpg
プロフィール

ボエム

Author:ボエム
灰色の鶴の舞立つ漁村生まれ。
終の棲家探しへ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR