FC2ブログ

あかだまさんでした。

シェフです。

いっぱいお話をさせて頂きました。



30042219.jpg


野イチゴを摘んでくれました。

小さいけど、極甘です。


30042220.jpg


疲れたらちょっと帰ってきたい庭でした。

こんな山が欲しい。


30042221.jpg


手洗い鉢も青花でした。

もっと近くにあれば良いのにね。


30042222.jpg


帰ります。

良い天気になりました。


30042223.jpg


丘の向うに、針尾送信所の三本の電波塔が見えます。

ニイタカヤマノボレを中国や南太平洋の部隊に送信した電波塔です。

戦争の遺物を見ると心が沈みます。



30042224.jpg


もう真直ぐ帰るのかと思っていたら

昼食を摂るそうです。

朝食で、まだお腹いっぱいなんですが。


30042225.jpg


しかも肉を喰らうそうです。

重い。


30042226.jpg


この位なら大丈夫かな。

て言うか、ここ何処?


30042227.jpg


この小さなフライパンの、黒い石で肉を焼くそうな。


30042228.jpg


かなりの熱です。

直ぐに焼けます。

しかも美味い肉でした。


30042229.jpg


試しに鶏カラも焼いてみました。

やけどしそうな位、熱くなりました。


30042230.jpg


ZOROさんでした。

ここ何処?

多分絶対ひとりでは来れないでしょうね。



30042231.jpg


今回は僕の事情で、男旅は春になりました。

この時季の旅も、草花や新緑に恵まれて良かったです。






スポンサーサイト



森の朝。

もう二人とも起きてるようです。

下の階から、ジャズがゆっくり昇ってきます。

静かな朝です。


30042201.jpg


昨日は気が付かなかったけど、

ボスのベッドの方からは、海が見えていたんだ。

30042202.jpg


ウグイスの声が聞こえてきます。

カラリと晴れた朝という感じじゃないか。



30042203.jpg


昨日入ってないので、汗を流そうと思います。

風邪ひいてるけど、いいか。


30042204.jpg


自分にストレスがあるとは全然思ってないけど、

ここのマイナスイオンは心に効きそうです。

ジャグジーに身体を沈めます。


30042205.jpg


今朝も朝日の差し込む明るいテーブルです。

熊本流の、暗い照明の飲食店が大嫌いです。

時々、何食べてるのか分からないくらい、暗い飲食店があります。

料理に自信が無いのかと思ってしまいます。


30042206.jpg


最初に目が喜んだのは、このテーブルクロスです。

僕の大好きな濃紺です。


30042207.jpg


今朝の食器も青花(せいか)です。

たぶんテーブルクロスの紺は、青花のためでしょうね。


30042208.jpg


沢山の種類の魚達の一片が

完璧に骨を抜かれて、

出汁も上品な魚介系です。


30042209.jpg


昨夜の伊勢海老が登場です。

スープは海老味噌まったりで、

魚の切り身と野菜が豊富に入っています。


30042210.jpg


朝食にこれはちょっと凄いぞ。


30042211.jpg


出来上がり焼きたての、でかいパンがやってきました。

三人で完食は無理のサイズです。


でも千切ったブレッドに、

トロトロの無塩バターをてんこ盛りにしました。


30042212.jpg


ふんわりタマゴに、ジャガイモです。

やっと朝食が終わったかな。


30042213.jpg


と思ったら、息子さん(?)が持って来たのは珈琲じゃなく、

「焼き魚お持ちしました。」


えっ、まだあったの?


30042214.jpg


魚達の下に、オリーブオイルが薄く敷かれています。

焼きのバリバリ感を滑らかにするためと

魚の匂いをオリーブの香りで柔らかくする為ですか。


30042215.jpg


アジとカワハギを頂いてみました。

アジはゼイゴごと皮をバリバリ食べれて、身はしっとりしてます。

塩加減と焼き加減が絶妙です。


魚を知り尽くした料理人です。


30042216.jpg


でも食べ過ぎてしまいました。

朝からこの量はチョットきついッス。



30042217.jpg

オーベルジュあかだまであるという事。

木々に囲まれたテーブルです。

テーブルクロスの上を、木漏れ日が踊っています


30042151.jpg


ステーキナイフが、ライヨールです。

ちょっと嬉しくなります。


30042152.jpg


先ずは、食前酒で乾杯です。


30042153.jpg


次に、持ち込んだシャンパンを開けてもらいました。


30042154.jpg


SYOUZOUさんの、社長就任を祝って乾杯です。

おめでとうございます。大変だろうけど頑張ってね。


30042155.jpg


茶碗蒸しの上のカラスミが濃厚な味です。

グラスの黒穴子の感触も、プロを感じ取ってしまいました。

このあと期待出来そうです。

お皿は有田しん窯の青花です。


30042156.jpg


山羊の庭に屯してた猫です。

どうしてここに限らず、島には猫が居つくんでしょうかね。

谷に揺らめく黒アゲハを見つめているようです。


30042157.jpg


スタッフはオーナーシェフと奥様と若い男の子の三人だけです。

僕らの中では息子さんじゃなかろうかという事になりました。

いきなり、でかい伊勢海老を持ってきました。

インパクトありますね。

いきなり盛り上がります。


30042158.jpg


イカに鯛にカワハギにカンパチにハマチにアジにサーモンか。

楽しい盛り合せです。


30042159.jpg


これは、フグにカレイにカワハギに・・

もうひとつ何だったっけ?


30042160.jpg


この肝はカワハギかな?

美味しいです。

ところで、ここって和食の店なの?


30042161.jpg


シャブリいきます。


30042162.jpg


伊勢海老が戻ってきました。

テーブルが華やかになります。


30042163.jpg


ウニいきます。

たった今割ったのか、トゲ(足?)がうごめいています。

タイのラン島の浜辺で、友人のTシャツの背中に

幾つも突き刺さっていた光景を思い出します。


30042164.jpg


アワビやサザエもたった今まで生きてた様子です。


30042165.jpg


どう言えばいいのか、とにかく美味しいです。

良い感じで手を掛けています。

どうするのか分からないけど、苦味がなく、潮臭くなく仕上がってます。


30042166.jpg


何かの泡ソースの上に、

山羊の庭に咲いていた花びらが留まっています。


30042167.jpg


その下に厚いフォアグラ、この肉何だったっけ?

その下には、柔らかい五穀米みたいなものが。


30042168.jpg


タイとアワビとヒラメのスープです。

魚の食感と味を美味く引き出しています。

庭で出会ったマニアックそうなシェフは、やはりこだわりの職人さんでした。


30042169.jpg


息子さん(?)が塩釜を持って現れました。


30042170.jpg


葉っぱで包んでいます。

何、何?


30042171.jpg


ふっくらしたスズキの頭が現われました。

突つきまくって骨だけにしてやりました。

身が美味いのか、塩が美味いのか。


30042172.jpg


赤ワインいきます。


30042173.jpg


そう言えば、今夜はビールを飲んでないんじゃないかな。

ワインに良く合う料理でした。


30042174.jpg


手作り感満載のスイーツで、

美味しく締めました。

作り手の顔を知ってるだけで、感心して楽しめました。

魚好きで良かった。


30042175.jpg


結局、三人、呑み語らう事もなく

早く寝てしまったのです。



30042176.jpg

男旅、山羊と遊ぶ。

山羊がいますよと

僕を見かけた女性が声を掛けてくれました。

道路を挟んだ向かいの土地に、すでに山羊を見つけていた僕は

そこもあかだまさんの庭だと教えて頂きました。


入って良いんですかと返事して、すぐにこの花に目を奪われました。

下の畑から、白い服のシェフらしき人が手に数本の黄色い花を持って現れました。

この花何ですかと尋ねると、ラベンダーですよと返事。

珍しいですね。北海道のラベンダーと違いますね。

北海道のラベンダーって見た事ないんですけど珍しいですか。


30042128.jpg


これもラベンダーなんですけど、どうですか?

これですこれです。

これが普通のラベンダーです。

ブドウも、シャインマスカットや巨峰やデラウェアも植えてますよ。


30042129.jpg


これ何です?

クリスマスツリーです。これは貴重ですよ。


30042130.jpg


野イチゴも熟していました。

ジャングルだった山を切り開いて、スロープを作り

石垣で囲ったそうです。




30042131.jpg


友達から貰った山羊さんを、雑草の多い場所に毎日移動してるそうです。

大きな葉をちぎり、僕に渡しました。

何でも食べますよ。


30042132.jpg


確かに葉っぱを見た瞬間に、僕に近づいてきました。

人に慣れてます。

美味しそうに食べてくれます。

この山羊はメェーメェーじゃなく、モーモーと鳴きます。


30042133.jpg


下の畑にもう一頭いました。

こちらはメェーメェーじゃなく、ゲェーゲェーと叫びます。


30042134.jpg

君の鳴き声って汚いねぇ。

そのかわり、すごい顎のちからです。

腕を持っていかれます。



30042135.jpg


でも、可愛い顔してるねぇ。


30042136.jpg


いつまでも山羊と遊んでる訳にはいかないか。

ついにブドウの木を見つけられませんでした。

それに一番下の崖下にもう一頭オスの山羊がいるそうですが

ついに声を聴く事も出来ませんでした。


30042138.jpg


この山羊、雑草だけじゃなく、

バラの花や葉も、大事にしてるクリスマスツリーもかじったそうです。


30042139.jpg

奥さんから、道を昇って行くと海が見えますよと言われたので

夕食の時間が気になりつつ向かいます。


30042140.jpg


どこまで行ったら海が見えるのか、

部屋の二人が気になるので引返します。


30042141.jpg


アザミの群生です。

長閑な散歩でした。


30042142.jpg


部屋に戻り、SYOUZOU氏を誘って、再び山羊の森へ。

ボスは今からジャグジーを楽しむようです。



30042143.jpg


さっきと反対側に登ってみます。

渡って来た橋が見えました。


30042144.jpg


そろそろ食事の時間が近づきました。


30042145.jpg


食事は別室のレストランです。


30042146.jpg


さて「オーベルジュあかだま」さんの

料理を見せて頂きましょうか。


30042147.jpg

男旅、山羊の森へ。

先ずはS氏ご推薦のお風呂に浸かって・・・


30042101A.jpg


次にS氏推薦の鰻屋さんに寄って・・・


30042102A.jpg


たまたま僕らと入れ替えに、

沢山のお客さんがいっぺんに帰られて・・・


30042103A.jpg


鰻屋という名の鰻屋さんです。



30042104A.jpg


大きな川の際にある土手の隣にありました。

美味しかったです。

この街はどこなんでしょうか。


30042105A.jpg


近くの塩田という街並みです。

天草から陶土がこの川に運ばれてきて

ここから有田や伊万里に送られたそうです。

と、S氏の話です。


30042106.jpg


それから走り続けて、ハウステンボスの前を通り抜けて

えーっ、きゅーちゃんハウステンボスに来た事ないの?と

バカにされながら走り続けてトイレ休憩です。

マジにここどこ?

道の駅さいかいだって。


30042107.jpg


地図を見てもよく分りません。



30042108.jpg


長崎県には間違いないようです。



30042109.jpg


有明の海とはどこか違います。


30042110.jpg


大きい橋を渡って山の中に左折します。

着いたようです。

藪に隠れて何だか分かりません。


30042111.jpg


着いたようです。

「あかだま」さんです。


30042112.jpg


幹や枝に建物が被われています。


30042113.jpg


これが僕らの宿泊施設です。


30042114.jpg

あれーっ、広い、かっこいい

美味い酒飲めそう。


30042115.jpg


結局、今夜も明日の朝もこのコンポから

ずっとジャズを流しっぱなしになるのだ。


ちなみにテレビは何故か民放一局で

NHKさえも映らないのだ。


30042116.jpg


さて、上がってみますか。

二人を置いて先に二階へ。


30042117.jpg


なんじゃこりゃ。

男三人旅にハンモックか。



30042118.jpg


なんか妙に恥ずかしいな。


30042119.jpg


さて、せっかくの緑に囲まれた寝室だけど

どうやって利用すべきか悩んでしまう。

下で呑むか、ここで酔っぱらうか。


30042120.jpg


お風呂は二階にあるんだ。

なんで?


30042121.jpg


窓の木々を眺めながらジャグジーって訳ですか。

中年のオッサン三人旅だぞ。



30042122.jpg


インテリアも思いっきり女子感丸出しです。

奥さん連れてくるか。


30042123.jpg


さて、話好きな二人を置いて、

散歩に行ってみるか。


30042124.jpg


枝に隠れてるけど大きな建物です。


30042125.jpg


やはりボスはハンモックが気に入ったみたいです。

きっと頭の中で、自宅に提げる事を検討してるんじゃないでしょうか。

実は一瞬僕も、我が家の間取りを思い浮かべて諦めました。


30042126.jpg


ぶらりと庭を散歩する事にしました。

山羊がいました。


30042127.jpg
プロフィール

ボエム

Author:ボエム
灰色の鶴の舞立つ漁村生まれ。
終の棲家探しへ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR