FC2ブログ

サラダ玉葱買いに。続き。

まるで、続いて退院おめでとうございますと言いそうです。

その雰囲気を壊すように、お話があるんですけどと伝えました。

たった今まで、先生と話をしていたんですけどと続けると

電話の先で、表情が固まったような雰囲気が伝わってきました。


先生から、母の状況を僕に一切伝えるなと施設から強く言われた、

だから、先生も困っていて、実際僕も今日が退院日なんて知らなかった

何故、僕に秘密にしようとしたのか理由を教えてください。


退院の知らせが病院からなかったんですかと、施設長は驚き,

入院の際は自分が対応しているが、そんな事は絶対言ってない

入院の手続きまでは施設で代行するが、その後は病院と患者家族の関係で

施設は一切関与しません、絶対そんな事は言ってませんとの事です。


じゃぁ、今から先生に電話して,確認して、僕に折り返し下さいと

いつも母がお世話になっている施設なので、強くは言ってません。

柔らかく、ジンワリとお願いして熊本に向かいました。


サラダ玉葱を売ってるお店の、駐車場から降りた時に施設から電話がありました。

「病院から電話がありましたか?」

いえ、と答えると、

「どうも先生が勘違いしていたみたいです。

今から息子さんに逢って謝りたいとの事です。」

施設長の話で、だんだん事情が分ってきました。


施設長にお礼を言い、これからも宜しくと電話を切りました。



033001DSC02408.jpg




程なく病院から電話がありました。

先生では無く、女性(婦長?)です。やっぱり本人じゃないのか。

担当がどんなに謝っても、声が聞こえない処で本人は

ケロッとしてるどころか、もしかして本人に伝えてもいないかも。


「私が、施設と病院を繋ぐ役目なんですけど、

息子さんは遠方にいらっしゃるので、病院で必要なモノは

息子さんにでは無く、施設に言って下さいと申し置きしたものを

どうやら先生は、すべてを家族にではなく、施設に言って下さいと

勘違いしたようなんです。」


どこの世界に、患者の症状を家族にでは無く他人に伝える病院があるんだ?


記録を残す事も大切だけど、担当の看護師の話を聞く事がもっと大切です。

文章に表わしにくい表現を読み取って判断する部分もあります。


自分が常識的に変だと感じたら、絶対、確認すべきです。

仕事を流れ作業で済ますのは、絶対に危険です。


ボンヤリと妄想が浮かびました。


母の遺体の前で、死に目に会えなかった姉が先生に向かって、

「どうしてもっと早く症状を教えてくれなかったのですか。」と詰め寄り、

「いやぁ、何か知らないけど、施設から教えるなと強く言われたんですよねぇ」

と先生は苦笑いし、施設長から「絶対そんな事いってませんよ」と襟首をつかまれ

婦長さんは、「私の所為なんです、私がもっと分りやすく書いてたら・・」と

泣き崩れ、それを見ながら毎日来るべきだったんだと落ち込む僕がいます。


勘違いで済む間違いではありません。

婦長さんに、母がお世話になったお礼を伝え、

先生を叱ってくださいねとお願いしました。

叱れないですよね。



そう言えば、母の事をこれからもお願いしますなんて言っちゃったけれど、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でも、母を助けてくれたから、まぁ良いか。

それにしても、お袋はさすがです。丈夫です。


さて、奥さんにサラダ玉葱を買って帰ります。


033002DSC02412.jpg


亀萬の新酒「荒ばしり」が出てます。

買いましょう。


033003DSC02410.jpg


江口のポスター欲しいなぁ。

今月の芸術新潮で誰かと対談してたなぁ。

でも、貼るとこ無いなぁ。


033004DSC02411.jpg


今日何しに来たんだろ?

サラダ玉葱買いにか。

この後、御船インターで降りて、ジムに行く予定で服の準備してきたけど

何故か疲れたんで、真っ直ぐ自宅に帰ろ。

疲れた。



033005DSC02414.jpg


スポンサーサイト



サラダ玉葱買いに。


高速道路の車中のテレビで、突然シムラケンの訃報が流れた。

ポカンと聞いていた。


病院近くのスーパーの駐車場に車を駐めました。

面会開始は11時からだから、まだ30分以上あります。


11時丁度に病院に電話を入れ、母の名前を告げ、今日先生に

お会いして病状を聞きたい旨をお願いしました。

電話先の女性はちょっと電話を外し、

「今日は11時に退院ですね。」

????????

入院期間は2週間と書いてあったんですけど、今日になったんですか?

じゃぁ今から急いで行けば、母に逢えますね。

「ちょっと待って下さいね。」と確認してもらい

「今朝の10時半に施設の方がお迎えに来て、もう退院されてますよ。

施設から連絡は無かったんですか?」

?????

入院時の母の状態も説明を受けないまま、入院承諾書にサインさせられ

まだ一度も先生にも会ってない旨を伝えると、今から先生に会えるように

手配しますからとの事です。


急いで病院に向かいました。


入院フロアのカウンターに着いて名前を告げると

「これ、忘れ物です。」と、母の汚れ物が入った袋と、前回僕が買って来た

入浴用品が入った袋を、看護師さんから渡されました。


これを僕にどうしろって言うの?

施設は今月末迄コレラ対策で入館禁止で、

母の汚れ物を僕の自宅に持って帰っても仕方無いから

施設に電話して取りに来させて下さいとお願いしました。


入院棟から外来の受付まで連れていってもらい、

やっと先生に逢えました。


「入院時にはかなり重度の肺炎でした。」

レントゲン写真には、白くぼやけた右の肺が写っています。


「数値もかなり酷かったのですが、抗生物質が効いて

次の日には半分に落ちて、次の日には殆ど消えたんですよ。

ご飯もバクバク食べて、今朝はお世話になりましたと

元気に笑って退院されましたよ。」


先生、ニコニコされて話をされました。


入院時の状態も知らないし、状況も分らないので

心配して今日こそは先生に、お逢いしたいと思ってたんですと話すと、


「患者さんの状況を息子さんに話すなと、

施設から強く言われてたんですよ。」



??????????



「どういう事情があるのか知れませんが、

重篤な事態になった時にどうしたら良いのか、悩んでたんですよ。」


何故???? 僕は一言もそんな事を施設に頼んでいませんよ。

何故ですか。??????


「ちゃんと回復したからいいけど、施設には言った方が良いですよ。」


先生には助けて頂いたお礼を伝え、今後とも宜しくお願いしますと

病院を後にしました。


何故施設側は、僕に状況を秘密にしようとしたんだろう?

誤嚥性肺炎?

そこに何か隠されてるの?


もし、このまま母が重篤になって亡くなってた場合には

僕に何と言訳するつもりだったんだろ?



雨が強くなっています。

新潟の姉に電話を入れ、母の退院を伝え安心させました。

エンジンを掛けて、帰路に向かいました。

母はやっぱり丈夫だなと感心します。


施設に電話を入れ、施設長を呼んでもらいました。

「ああっ、息子さんですか、こんにちは。」

とても、明るく元気な挨拶を頂きました。


シャンプー買いに。


玄関を開けると目に飛び込んできます。


032301DSC02243.jpg


やっぱり、春はチューリップだ。


032302DSC02253.jpg


同じ春色の桃が、顔を出し始めました。

これから鮮やかな庭に変っていきます。


032303DSC02244.jpg


グミの花です。

そろそろ今年ぐらいに、実を付けてくれそうな予感があります。


032304DSC02245.jpg


昨日の「だんだん市場」の生け垣がシャリンバイで、

真っ白な花が満開だったのを見て、うちのは大丈夫だろうかと

不安になったのですが、今朝花が開いているのを発見しました。


032305DSC02247.jpg


安心しました。

我が家のシャリンバイももうすぐ、真っ白く被われるはずです。


032306DSC02248.jpg


他の桃の木も、真っ赤なサンゴのような蕾を見せ始めました。


032307DSC02249.jpg


昨日、電気も水も止めた実家に入り、アルバムだけ持ってきました。

昔の糊付けの写真を、マイナスのネジ回しで慎重に剥がし、

ボロボロのアルバムの台紙は今朝の燃えるゴミに出しました。

姉の小学校や中学時代のクラスの集合写真は、

兄のなのか、姉のなのか分りません。

小さい時の顔を忘れてしまいましたし、昔の写真は異常に小さい。


母や父の10代の時の写真に至っては、前後の顔で判断するしか無い。



032308DSC02250.jpg


背景の様子を見ながら、今更ながら

僕は、父と母の人生を何も知らなかった事に気がつきました。


032309DSC02251.jpg


家族と外出しないで留守番役の為、写真の少ない父の

写真の大半は戦時中の写真です。


032310DSC02254.jpg


この写真の裏に22歳と書いてあります。

父の青春はこんな世界だったんですね。


032311DSC02256.jpg


検閲済みです。

驚いたねぇ。

外に出るのは全部検閲するのか。


写真の整理だけで、お昼になってしまいました。

出発します。


032312DSC02255.jpg


母は起きていました。

僕を見て「良かったぁ」と声をあげました。

事情が分っていないだろうと思い、ここは病院だよと説明して

病名を伝え、治る事も伝えました。


風呂桶やボディシャンプー、ヘアシャンプー、タオル類を買いに行き、

病院に戻った時には、虚ろに眠っていました。


032313DSC02257.jpg


帰るねと声を掛けたけど、反応がありません。

ちょっと心配なまま帰ります。

多分、今日僕が来た事も覚えていないと思うけど。


032314DSC02258.jpg


帰宅すると、奥さんが姉に芋やサラダ玉葱と一緒に

僕が朝から仕分けした、姉の幼い時からの写真を

同封して送ってくれていました。



次に行く時には、大きな袋を持って行って

食器を廃棄するために、全部集めてこようと思います。

今日もあっと言う間に終了。


レタスをひっくり返した土が目に入りました。


今日は用事があるので、土整理に時間を掛ける訳にはいきませんが

ほんのチョットだけ、根の塊を拾いました。


そして、やめなきゃやめなきゃと思いつつ、

あっという間に、一時間が経ってしまいました。


この性格は直さなきゃマズいな。


031301DSC02039.jpg


花が開いてしまいました。

早く食べよう。


031302DSC02041.jpg


アジサイが無事に冬を越せたみたいです。

緑の芽が沸いてきます。


031303DSC02043.jpg


あれどこだっけ?と奥さんに尋ねました。

アイヌコタンの前に、キタキツネを見たとこ・・

来年の男旅は、旭川空港で降りて、美瑛から富良野に向かい、

プリンスホテルに泊まって、夜はニングルテラスを散策して

次の日は小樽に行くかと、定番を考えていましたが

昨夜、ふとキタキツネの事を思い出しました。

「北見じゃないかな。」

そんなトコ行ったっけ?


031304DSC02044.jpg


もう25年前の事ですから、詳細を思い出せません。

ルートも勘違いしてました。

新千歳で車を借りて、道央自動車道を滝川で降りて、層雲峡に行き、

それから富良野に向かったと思っていましたが、今日、

北海道の地図を見たら、あり得ないコースでした。


031305DSC02047.jpg


北見の観光地のホームページを見たら、確かにありました。

ここを通ったのか。

地図を見ながら、何故こんな面倒なコースにしたのか思い出せません。

奥さんに尋ねると、

「何かねぇ、迷いながら走ってたよ」との事です。

勿論、キタキツネも予定外だったのかも。


031306SCN_0058.jpg


アルバムを探している内に、いつの間にか時間を掛けてしまいました。

同時に、あることを思い出しました。


家を引っ越す時に、沢山のアルバムを捨てました。

ただ、必要な写真は、コピー機でスキャンしてUSBに保存しようと

その為にコピー機を購入したんだった。

すっかり忘れてました。


今日、スキャンしながら北海道旅行を思い出す事にしました。

で、出来上がったUSBは子供達に送ろうかと思います。


031307DSC02048.jpg


新千歳空港から真っ直ぐ向かったのは、富良野でした。

宿泊は、ペンションフラヌイです。

ネットで確認したら、まだありました。


031308SCN_0001.jpg


ファーム富田でソフトクリームを食べてから、美瑛で降りて、四季彩の丘を歩き、

拓真館やビックリアート美術館で遊び、


031309SCN_0014.jpg


ここは層雲峡の手前にある、マイナス45度を体感できる施設です。

まだあるのかな。


031310SCN_0047.jpg


そして、大雪山のホテル大雪に泊まり、北見を通り、

屈斜路湖湖畔のペンションジャガイモ畑に宿泊。


窓辺までエゾリスが餌を食べにやって来ました。

このペンションもまだ存在しました。


早朝の屈斜路湖です。

美しい湖でした。


031312SCN_0071.jpg


翌日、アイヌコタンを抜けて阿寒湖に到着。

それから摩周湖に向かいました。

標津に出て、地元の海老を買って、毛蟹を頂き

知床半島を横断して、途中でカニの食べ放題を死ぬほど食べて、

オホーツク海を網走まで走りました。


031311SCN_0078.jpg


網走湖荘に宿泊して、翌日女満別空港から大阪空港経由で

熊本に戻りました。

ただし、今書いた行程に自信はありません。

どこか違うような気もします。


031313SCN_0103.jpg


自宅のアルバムを、時間を掛けて全てスキャンしようかと思います。


031314DSC02049.jpg


いやぁ、すっかり忘れてました。


031315DSC02050.jpg


今日の本来の用事は、バッグのネットから奥さんに好きなバッグを

選んでもらうという事でした。

勿論、買ってあげるんじゃなく、作ってあげますよって事です。

天使の梯子。


昨夜は飲み過ぎて入浴出来なかったので、

朝から大浴場に入ります。


010601IMG_1414.jpg


内湯に入って、気がつきました。

確かに一度、ここに来たことがあります。

ボスやミヤケンが一緒だったような?

あれって何だったんだろ?



010602IMG_1417.jpg


露天風呂に移ります。

誰もいません。


010603IMG_1419.jpg


松島の海が、目の前に広がります。


010604IMG_1421.jpg


首まで浸かると、お風呂と海が繫がります。


010605IMG_1432.jpg


白々と夜が明けていきます。


010606IMG_1436.jpg


昔、来た時には露天風呂は無かったような・・・


010607IMG_1437.jpg


どうでも良いけど、船舶免許・・去年流しちゃったなぁ。

一級船舶免許って、この海で取ったんだっけ。


010608IMG_1442.jpg


左の青屋根は、いつだったか

おとこ旅で泊まりにきた宿です。

今年ももうすぐだ。

いつだっけ?

電話して聞かなくっちゃ。


010609IMG_1445.jpg


朝ご飯会場です。

広いガラス窓の向こうには、ミントグリーンの海が広がっています。


010610IMG_1457.jpg


種類多い。

鯛茶漬けが激旨です。


010611IMG_1455.jpg


部屋に戻って、再び部屋のお風呂に入ります。

大浴場では、お湯を楽しんだだけで、

髪の毛も洗っていません。


010612IMG_1464.jpg


曇りガラス戸は自由に開閉出来ます。

海を眺めながら、今年の夢を見ます。


010613IMG_1469.jpg


世間が動き始めました。

飛行機の時間がありますので、そろそろと出発しますか。


010614IMG_1460.jpg


クオリティが高い旅館でした。

お客様が来たら、ここに連れてこようかな。

というか、おとこ旅で良いかも。



010615IMG_1473.jpg


近いし。


010616IMG_1478.jpg


ホテル竜宮でした。


010617IMG_1472.jpg


息子夫婦も東京に帰りました。

やっと正月が終了です。

疲れたーっ。


010618IMG_1483.jpg


明日からウクレレ始動です。


帰宅したら、エンドウ先生からの年賀状が届いていました。

今年の冬にクルーズ船に乗るそうです。

ジワジワと行きたくなってきてます。

ハラさんも、由紀姉も船に乗ってます。

何で予約しなかったんだろ。


追記:

帰宅してやっとコメントを見る余裕が出来ました。

あらためまして、

相川さん、明けましておめでとうございます。

嬉し楽しの一年になります様、お祈り申し上げます。



プロフィール

ボエム

Author:ボエム
灰色の鶴の舞立つ漁村生まれ。
終の棲家探しへ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR