FC2ブログ

東雲の里にて。


遙か眼下に、駐車場が見えます。

登って来たなぁ。


060576DSC03591.jpg


どうやらここが、第三展望所のようです。

結局、山頂でした。

これが最高地点のアジサイです。


060577DSC03592.jpg


急な登りで、汗だくです。

でも、冷たい風が絶え間なく下から吹き上げてきて

寒い。


060578DSC03593.jpg


山頂には特に何も無く、大きなアジサイがあるのみです。

あの看板業の爺様がここまで開墾して、巨木を倒して始末して、

アジサイを植えたと思うと驚きです。


060579DSC03594.jpg


山を下ります。

汗と植物の葉っぱの露とかで、全身びしょ濡れです。

下着もジーンズも湿ってます。


ワラビ見っけ。


060580DSC03596.jpg


小さな子供を抱っこした、若いご夫婦が登ってきました。

「上まであがりました?」

ええっ、頂上というだけですよ。


060581DSC03597.jpg


子供の笑い声が一緒に登っていきました。

羨ましいね。


060582DSC03599.jpg


細い脇道に、茶室への標識がありました。

どうせならと、足を引きずって向かいます。


060583DSC03600.jpg


何と読むのでしょうか。

茶室のようです。

茶室まで上がって来るのが大変だ。


060584DSC03601.jpg




060585DSC03603.jpg




060586DSC03604.jpg




060587DSC03605.jpg




060588DSC03606.jpg




060589DSC03608.jpg




060590DSC03609.jpg




060591DSC03610.jpg




060592DSC03611.jpg




060593DSC03612.jpg




060594DSC03613.jpg




060595DSC03614.jpg




060596DSC03615.jpg


足元で楽しそうです。


060597DSC03616.jpg


奇抜な色でもサイケでも無く、美味しそうな大きなシイタケみたいな

地味なキノコが一番危ないヤツです。


060598DSC03621.jpg


ホタルブクロかな。


060599DSC03625.jpg


マイナスイオンに溢れています。


0605100DSC03627.jpg


おかげで、身体も心もシットリします。


0605101DSC03628.jpg




0605102DSC03629.jpg


やっと入口の受付に到着しました。


0605103DSC03630.jpg


「いっぱい写真撮られました?」


0605104DSC03632.jpg


第三展望所まで登ったんですけど、汗だくになりました。

「丁度、暑い時だったですもんね。」


0605106DSC03634.jpg


出水の鶴の湯に寄ってから帰ります。

「ゆっくりお風呂に入ってから、気をつけて帰られてくださいね。」


0605107DSC03635.jpg


今度来るときは、又ひとりで来ます。

ひとりだったから頂上までいけましたよ。

「先ほどのご夫婦は逆だったみたいですよ。

ご主人が下で待たれて、奥さんが登ったそうです。」


また来ますねと別れました。


0605108DSC03638.jpg


どの山に登ったんだろうと、振り返って見ました。


0605109DSC03639.jpg


テッペンにアジサイがあるとしたら、あの辺りかな?


0605110DSC03641.jpg


車のシートに座ると、直ぐにジーパンの汗で濡れてしまいました。

ハンカチを2枚敷いて、エンジンを掛けて、さぁ風呂に行くぞぉ・・・

そこで、とんでもない失敗に気が付きました。


入浴準備はチャンとしてきたのですが、

替えのズボンは持って来ていません。

入浴後に、このビチャビチャのズボンに足を通すなんて

絶対、無理です。


温泉はあきらめました。

帰宅後に車を降りたら、シートはしっかりと湿っていて、

ハンカチが2枚とも、尻にくっついてきました。


いやぁ今日は、久しぶりの気持ち良い汗でした。


0605105DSC03633.jpg
スポンサーサイト



谷にて。

奥へと進みます。

何処かで水の音がします。



060546DSC03534.jpg


山の稜線が見えてきました。


060547DSC03535.jpg


ここは茶室だったようです。

今は使っていないようです。


060548DSC03537.jpg




060549DSC03539.jpg


苔生した道を進んで行きます。


060550DSC03540.jpg




060551DSC03541.jpg


この橋には記憶があります。

母と奥さんと三人で、反対側から渡って来たんだ。


060552DSC03542.jpg


澄んだ冷たそうな水です。


060553DSC03543.jpg




060554DSC03550.jpg




060555DSC03549.jpg




060556DSC03551.jpg


冷たい風が、汗に濡れた身体を冷やします。


060557DSC03552.jpg




060558DSC03554.jpg




060559DSC03555.jpg


今まで居た場所が、谷の向こうに見えます。


060560DSC03559.jpg




060561DSC03557.jpg


これは、お宿かな?


060562DSC03562.jpg




060563DSC03558.jpg


あっ、人がいた。


060564DSC03564.jpg


顔が汗だらけです。

冷たい風が気持ちいい。


060565DSC03566.jpg




060566DSC03570.jpg


隠れてしまいそうな道を探して進みます。

ひとりで、かくれんぼしてるみたいです。

探し役はもうみんな家に帰ったんだ。



060567DSC03571.jpg




060568DSC03573.jpg




060569DSC03574.jpg




060570DSC03580.jpg




060571DSC03578.jpg




060572DSC03582.jpg


完全に山登りになってきたな。


060573DSC03584.jpg




060574DSC03585.jpg


ここで一休みします。

持って来た水を飲みながら日陰に座ります。

下着が汗で濡れていることに気が付きました。

ここまで来たら、一番上の第三展望所まで登ってみるか。


東雲の里はアジサイで有名だけど、ホントはみんな

この谷の風に当りに来てるんだね。


060575DSC03587.jpg

しののめの里へ。


駐車して、そこが第二駐車場だと気づきました。

もっと近くに第1駐車場があるんだろうけど、少し歩いてもいいか。

車が6台ほど駐まってます。


060516DSC03499.jpg


入口です。坂道のようです。


060517DSC03500.jpg


つい、杖を一本拝借しました。


060518DSC03501.jpg


思ったより坂が長いです。

杖があった筈だ。

カレー腹にちょっとキツいなぁ。


060519DSC03643.jpg


谷が見えてきました。


060520DSC03502.jpg


アジサイが見えます。

また広げてきたようですね。


060521DSC03503.jpg


ダラダラと上り坂を退屈しないように、川柳が置かれています。

心臓がバクバク打ってます。


060522DSC03636.jpg


やっと着きました。

受付です。


060523DSC03504.jpg


受付の奥さんに、花の写真撮って良いか尋ねます。

「どうぞ沢山撮ってくださいね。」


060524DSC03505.jpg


何年ぶりだろ?

遠い昔に、母と奥さんと3人でお邪魔した事があります。

あの頃はまだ、母がこの山道を歩けたんだ。


060525DSC03506.jpg


山アジサイが主流です。

アジサイは、日本が世界に誇る日本の花です。


060526DSC03508.jpg


海外に紹介され、新しい品種が沢山出来ました。

日本の土は酸性ですから、青い花びらになりますが

欧州の土はアルカリで、赤い花びらになります。

リトマス試験紙とは逆の色になります。


060527DSC03509.jpg


お蕎麦やさんもやってます。

まだお腹のカレーも消化出来てないので、スルーします。


060528DSC03510.jpg




060529DSC03511.jpg




060530DSC03512.jpg


所々に展望所を兼ねた東屋があります。

バッグの中に、冷たい水の入ったペットボトルを入れてきました。


060531DSC03513.jpg




060532DSC03514.jpg


こちらはお宿になります。

ホントは立ち入り禁止だと思うのですが、景色が見える処まで行きました。

若い泊まりのカップルが景色見ながらお茶を飲んでました。

慌てて引っ返します。


060533DSC03515.jpg


正面は谷になっていて、向かいの壁をあがる事になります。


060534DSC03517.jpg




060535DSC03519.jpg




060536DSC03520.jpg


ギャラリーに着きました。

入口でオーナーがお客さんと話をしていました。

前は仙人みたいな風貌のオーナーだったのですが

小綺麗になってました。


一人で山を開拓してアジサイを植え続け、陶器もやり始めた頃だったのか

前回会った時は汚い爺様だったのが、随分若くなっていました。


写真も快諾してくれました。


060537DSC03522.jpg


作品も随分変りました。

昔は黒っぽい粘土の塊みたいな作品でしたが


060538DSC03523.jpg


随分と魅力的な作品になってます。


060539DSC03526.jpg


苔生した道を、奥へ進みます。


060540DSC03527.jpg


美しい女性がひとり、左の山から降りてきて

笑顔で挨拶して降りていきます。

初めて遭遇のお客さんです。


そちらの方向に登ってみます。


060541DSC03528.jpg


穴窯がありました。


060542DSC03529.jpg


穴窯の入口には、龍をこしらえています。


060543DSC03530.jpg


茶室まで登り、滝の音を聞いて引っ返します。


060544DSC03532.jpg


東屋のお地蔵さんは、お賽銭をいっぱい抱いて嬉しそうにしてます。

対面の山に向かいます。


060545DSC03560.jpg

綾の郷へ。


自宅から高速道路に7時半に乗って約2時間です。


天気が悪いです。日が挿してこない。

高速道路脇の紅葉が、曇り空だと冴えない。


112301IMG_0353.jpg


思いの外、お客さんが多いです。

会場前には屋台がいっぱい並んでいます。


112302IMG_0341.jpg


「綾てるはドーム」です。

デカイ。

今はまだお客さんが少ないですが、後からかなり混雑してきました。


112303IMG_0344.jpg


日本中でクラフト展はどこでもやってるけど

ここは銘木を使ったウッドクラフトが多いのです。


112304IMG_0345.jpg


勿論、陶器も並んでいます。


112305IMG_0347.jpg


でも、熊本の陶器祭りに出品する方は少ないみたいです。



112306IMG_0350.jpg


カヤや、銀杏の板を百円から売っています。

沢山買い集めていくお客さんが多いです。

ウッドクラフトに使う材料も、地元の木材です。


112308IMG_0349.jpg


見応えがある展示会です。

和歌山から毎年これを目当てにやって来る女性もいました。

欲しい机や椅子が、木製の食器類が並んでいます。


112309IMG_0351.jpg


酒泉の杜にお店がある黒木氏のブースです。

2個の商品がプレミアムセットで88万円ですが、

ひとつが85万円で、もうひとつが50万円だそうです。

135万円が88万円です。お得です。


実は売れない事を前提に展示してますから、買った方はお得ですよと

多分、商品をマネジメントしている方からお話を伺いました。

ここで新作をお披露目して、この後は個展に展示しますから

ここで売れちゃうと困るんですよと言われました。

お土産に1セット買われませんかと言われたので、

置き場が無いんですよとお断りしました。


112310IMG_0352.jpg

食事に向かいます。

隣の綾城にちょっと寄りましたが、紅葉が見えませんでした。


112311IMG_0362.jpg


お城の下のイタリアンにやって来ました。


112312IMG_0354.jpg


「サーレ・エ・ペペ」というお店です。

塩と胡椒というイタリア語らしいです。

12時前に入店しましたが、まだお客さんがいません。


112314IMG_0355.jpg


サラダを一皿お願いしました。

ふたりでシェアするには丁度良い量です。


112315IMG_0356.jpg


ピッツァ18センチ、こんな熱いヤツ初めてです。


112316IMG_0357.jpg


鮭のスパゲティは、海鮮の出汁がしっかりしていました。


112317IMG_0358.jpg


海老と帆立のクリームですが、パスタが緑色です。


112318IMG_0359.jpg


何を練り込んでるんだろ?

極めて濃厚なパスタでした。

美味しい食事でした。


112319IMG_0360.jpg


「綾手つくりほんものセンター」にやって来ました。


112320IMG_0365.jpg


目当ては野菜です。


この後はひとり旅なら、「酒泉の杜」でワインを買って、

「綾の照葉大吊橋」から紅葉を眺めるのですが

奥さんが小林の「ダイワファーム」のアイスクリーム食べたいという事で

綾を後にして小林に向かいます。


112321IMG_0366.jpg


途中、道の駅に寄ります。

超特大の大根、百円也購入。


112322IMG_0367.jpg


小林の山に入り、到着しました。

自家製のチーズで有名なお店です。

売れ残ったチーズを割安で買えました。

勿論、ソフトクリームも激旨でした。


112323IMG_0368.jpg


帰ります。

遠いなぁ。

明日は長島の「おさかな祭り」に、鰤王を頂きに行きます。

明日は7時に出掛けなきゃ。



宮之城温泉にて。

出発が奥さんの仕事の都合で遅くなり、宿のご主人に連絡。

暗い山の夜道は嫌いなので心配しましたが、

明るいうちに到着する事が出来ました。


我が家から丁度2時間で到着です。


110151DSC01678.jpg


宿の奥さんから船の旅はどうでしたかと聞かれました。

えっ、何で知ってるんですか?

そんな事までお喋りしてたのか。


「インフルエンザどうでした?」

やばっ、覚えてる。

実は昨年末に予約していたのが、風邪でキャンセルしてしまったのです。

しかも、2部屋も・・

僕だけなら無理をしたのですが、同行予定の子供達もインフルエンザに

掛かってしまったのです。


キャンセル料は受け取ってくれませんでした。


110152DSC01675.jpg


夕食時には、外はもう真っ暗です。

鯛真子玉子とじに、ユリ根の豆腐、

それに、そら豆、アスパラの胡麻味噌掛けです。


110153DSC01680.jpg


鯛、かんぱち、秋太郎の刺身です。


110154DSC01681.jpg


地元の焼酎を、お湯割りで頂きました。


110155DSC01689.jpg


地元の鮎の塩焼きです。


110156DSC01682.jpg


これはじゃが芋のお饅頭です。


110158DSC01686.jpg


鹿児島黒毛和牛のお肉です。


110157DSC01685.jpg


梨のムースと芋羊羹です。

ご馳走様でした。


110159DSC01691.jpg


鹿児島きっての秘湯で名湯です。

ペーハー8,9の高アルカリで、入った瞬間に皮膚が溶けてヌルヌルです。

アルカリ洗剤に浸かった感じです。

気持ち良いイオウ臭に包まれます。


この後、爆睡しました。


110160DSC01694.jpg


気持ち良い朝を迎えました。


美山に向かうなら、高速に乗らずに

市比野温泉を越えて、東市来町に向かえば良いと

ご主人から教えてもらいました。


110201DSC01698.jpg


ナビで先ず、市比野温泉に設定して、

そこから伊集院方向に設定、目的地を沈寿官さんの窯にします。


110202DSC01696.jpg


鹿児島は山と森だらけの県です。

暗く細い山道をナビを頼りに走って、

やっと到着しました。


小鹿田(おんた)に続いて大好きな鹿児島の里、美山(みやま)です。


110203DSC01725.jpg


懐かしいです。

8年ぶりの訪問です。

先ずは、永吉さんとこに行きます。


110204DSC01747.jpg
プロフィール

ボエム

Author:ボエム
灰色の鶴の舞立つ漁村生まれ。
終の棲家探しへ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR