FC2ブログ

のぼりです。


ソファーの目の前で、何か動いてます。


白IMG_2113


メジロだ。

可愛い。


白IMG_2114


親父が庭の椿の枝にゴム糊を付けて、

春にいつも捕まえていたっけ。


雁回山でも登山中に、ガサガサと藪の中で音がしたので驚いて見たら

枝にメジロ捕獲のゴム糊を付けて、潜んでいたオジサンと目が合ったっけ。


白IMG_2115


奥さんから生米を貰って、窓辺のコンクリに置きました。

もっと近づいてくれないかな。


白IMG_2116


天草にワカメの茎と湯島大根を買ってくるねと、奥さんに伝えて出発。


その前に、ソファーの目の前にある山に、ちょっと寄ってみる事にします。

山に向かって、宇土高校を横切り、轟水源方面に向かうと

白山入口の看板を見つけました。

初めての場所で地名も知りません。


白IMG_2118


山から杖を持って降りて来る、登山者らしき人がいました。

山頂に登るのは、この道で良いんですか?


「登山道がグルリと回ってますもんね。

左に向かうと階段が続くから私には無理です。

途中に池もありますよ」

「ミカン農家の軽トラも登ってるから、車で途中まで行けるけど

離合したり、引っ返すときが大変ですよ。」

「右にずっと行くとアホ峠に行きますよ。」


分りました、じゃぁ、ちょっと歩いてみます。


白IMG_2119


山の名前が分りました。

白山(はくざん)です。


白IMG_2120


10分くらい進んで、戻ってくるか。


白IMG_2121


あれーっ、車が通れる道路がある。

せめて、この辺りまで車で来れば良かったかな。


白IMG_2122


雰囲気が良い山道です。

チョットだけトレッキング気分に浸ろうかな。


白IMG_2123


ミカン畑が続いています。


白IMG_2124


頂上まで看板が置いてありそうです。


白IMG_2125


頂上は、もう直ぐかな?


白IMG_2126


市街地にはあまり興味無いから

自然観察コースへ行ってみます。

でも、こっちは車で行けたのか。


白IMG_2127


宇土市方面が見えます。


白IMG_2128


雰囲気良いです。

自動車、どうにか入れそうですね。

一旦車まで戻るには、もう遠いか。


白IMG_2129


人が入れない竹林の壁が続きます。


白IMG_2130


えーっ、うそ。

19キロ?

そんなに遠いの?


白IMG_2131


帰ろうかな。

天草に行けなくなっちゃうな。


白IMG_2132


何何?


白IMG_2133


何があるって?


白IMG_2134


アホ峠って、この字か。


白IMG_2135


右に3本の道があります。

下の道は僅かな民家の方へ向かっています。

上の道は山の方へ向かっているのか、少し荒れています。

真ん中の道を選びました。


白IMG_2136


不安な気持ちのまま、次の看板を探して歩き続きます。

池が現われました。


二人が釣りをしてます。

さすが釣りキチ、こんな処まで来るんだ。

昔の僕みたいだ。


白IMG_2137


この道に間違い無い。

あのオジサンが池があるって言ってた。

すこし安心して歩き進みました。

でも、平らな道が続きます。

右上の頂上に向かっているような、あの道が気になります。


白IMG_2139


正面から杖を持った爺様がやってきました。

白山の頂上に向かうのは、この道で良いんでしょうか?

この上の山なんですかね?と指で右上の頂上辺りを指しました。

「なんな?こいな?こりゃミカン山たい。」

「白山はあいたい。」

僕の後方の、谷の上にある丸い頂上を指さしました。

「お地蔵さんから右の道たい。」

「藪ば払ってキレイになっとるが。」



急いで引っ返しました。

往復20分くらいのロスです。

右の道?


白IMG_2140


看板あった。

入り込まないと見えない看板だ。


白IMG_2141


これが道?


白IMG_2142


藪を切り払ってキレイになった道ですか。

なるほど。


白IMG_2143


ここに来るまでに二人の爺様と、ひとりの婆様に逢ったのですが、


白IMG_2144


三人とも、妙に長い杖を持ってた理由が分りました。


白IMG_2145


道が傾いてる。

低い方の縁へ、杖を差さないと歩き辛い。


白IMG_2146


この辺で少し後悔しました。


白IMG_2147


そして、覚悟を決めました。


白IMG_2148


天草には明日行こ。


白IMG_2149


さっきから鳥の声しか聞こえません。

羽ばたきと葉っぱを揺らす音も聞こえます。


白IMG_2150


春と秋に、もう一度やって来ようかな。


白IMG_2151


夏にも来てみようかな。

良い山じゃん。


白IMG_2152


藪が開いたら、ミカン畑だ。

凄いですね。

こんな山の上まで農家さん、頑張ってるんだ。


白IMG_2153


スミレです。

やっと自然観察コースらしくなってきたぞ。


白IMG_2154


コンクリートが見えたので、下りてみました。

駐車禁止?

という事は・・


白IMG_2155


ここまで車で来れたんだ。


白IMG_2156


もしかして、ここが出発点?


白IMG_2157


こんな感じで登ってきたんですね。


白IMG_2158


もうかなり足にきてますが、もう進むしか選択肢が無いか。


白IMG_2159


じゃぁ、行くべ行くべ。


白IMG_2160


大きな鳥の羽ばたく音も聞こえます。


白IMG_2161


時間的に考えても、この山に居るのは僕だけか。


白IMG_2162


なんでこんな事になったんだろと考えながら、歩き進みます。


白IMG_2163


気がついたのは、重い登山靴より、スニーカーが楽だという事です。


白IMG_2164


登山始めようと思った時に、先ず靴を買いに行ったっけ。

登山靴の機能性も分るけど、僕には要らなかったね。


白IMG_2165


この山を好きになった理由がわかりました。

岩山と違って、木々に包まれながら登るとなんか嬉しいのです。

なんでだろね。


白IMG_2166


着いたみたいです。

誰もいない。


白IMG_2167


こっちが宇土方面か。


白IMG_2168


コメリだ。


白IMG_2169


さっきの場所から17分か。

時計も、腕も足も靴もホコリまみれだ。


白IMG_2170


こっちは何だ?


白IMG_2171


宇土にダイレックスなんてあったっけ?


白IMG_2172


何これ?


白IMG_2173


よく考えたら、僕はこの町の事、殆ど知らないんだ。


白IMG_2175


あっ、サコダとケーズ電器が見えた。


白IMG_2176


そうそう、これがあれか?


白IMG_2177


何々、隠居した細川さんがこの岩に目を刻んで

一日中、碁を差してた?

こんな厳しい山の頂上で?


白IMG_2178


ホントですか?(疑)


白IMG_2179


碁盤の目はどうやって刻んだんだろ?


白IMG_2180


風流と言うんですか。

そうですか。


白IMG_2181


雁回山が見えます。

今年の春には雁回山に登ってみようかな。

ウドやワラビあるし、オオタニワタリあるし。

ただ、眺望が悪いんですよね。


白IMG_2182


さて、降り口を探します。

さっきの看板見ると、市街地展望コースなら麓が近そうです。

足跡が付いてます。

あそこが降り口かな。



白IMG_2183


問題なのは、登山途中で道に迷ったから

下山でもありうるという事です。

来た道を戻るのが正解かもしれません。

でも、まだ天草に行ける。


白IMG_2184


何だこの傾斜角度は・・

45度あるぞ。

転げ落ちる事が出来るくらいのかっこいい坂道だ。


白IMG_2185


続きます。



スポンサーサイト



プロフィール

ボエム

Author:ボエム
灰色の鶴の舞立つ漁村生まれ。
終の棲家探しへ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR