FC2ブログ

八ヶ岳騒動記

ゴールデンウィークの渋滞を見る度、思い出す事があります。
いつも渋滞に近づかないように心掛けています。
始発の電車にしか乗らないし、高速道路を使うときはびっくりする位早く起きます。

17年前の紅葉の頃の事です。

諏訪湖の畔の旅館で目覚めた時には、すでに10時を回っていました。
急いでフロントに電話を掛けましたが、朝食はすでに終わっていました。
朝食を食い損ねた僕は、すきっ腹のまま、山に向かいました。

北横岳


帰りに、はしごを降りる時のことです。
ついつい前方の景色に背を向けたくなくて
しかも、そんなに長くないはしごだった事もあり、はしごを片手で持ち
前向きに降りたんです。

登山靴のかかとの底は、周りに少し出っ張っています。
つい、いつもの革靴の感覚で足を降ろしていきました。
背中にリュックを背負っていますから、身体を少しひねって片手で
はしごを握っていました。

かかとをはしごから降ろして、次の段にかけようと重心を前に移動した瞬間、
かかとは、まだ上の段から外れておらず、左足を上の段にひっかけたまま、
僕の身体は前のめりに宙に浮きました。

とっさに身体を右にひねり、はしごの段の間に右手を突っ込みました。
手首に激痛が走りましたがしっかりと段を掴みました。
たぶん一瞬瞳孔が開いたんじゃないだろうか。
背中に冷たい汗が流れました。
はしごの下のゴツゴツした岩を見ながら、しばらく動けませんでした。

もし、ここで怪我したらいつ見つけてもらえるか。
いや、こんな低い山で一人で死んじゃったら、あまりにも情けない。

その後は山歩き途中の楽しい瞑想をストップして、ひたすら降りる事だけを考え、
三点歩行を守って謙虚に山を降りたのでした。

次の日は近鉄の名古屋バスセンターから、夕方の5時が熊本行きの出発時間です。
かなり時間的に余裕があります。途中に観光地がないか探しました。
あった、馬籠(まごめ)だ。

中津川駅で降りて、馬籠行きのバスに乗りました。
乗って10分もしない内に大失敗を起こした事に気が付きました。
山道を登っていくバスの対向車線も、大渋滞だったんです。

連休中は絶対にバスには乗ってはいけないという大鉄則を破ってしまったのです。

とんでもない事をしてしまった。絶対間に合わない。
渋滞の中長い時間をかけてやっと、馬籠に着きました。
写真を一枚撮ると、大急ぎでタクシーを探しました。すぐには見当たりません。


馬籠


汗かきながら走り回りやっと見つけました。

運転手さんに事情を話しました。5時に名古屋に着かないと熊本に帰れないと。
わかった、乗りなさいと、言ってくれました。

バスでやってきた道を左に見て、丘に向かいました。
全く別の山道を飛ばします。やっと一台が走れる細い草道です。
登ってきた山が谷超えに見えました。山肌に車の列がS字に渋滞してます。

1時間以上掛かった道のりが10分もかからず中津川駅に着きました。

これまで僕が出会った最高の運転手さんです。
精一杯のお礼を言い、無事に名古屋駅に着きました。

ところが駅からバスセンターに向かう道が分らない。
駅のまわりを2周しても見つからない。バスの時間に間に合わない。
お掃除おばちゃんに尋ねてやっと分り、やっとの事でバスに乗れたのでした。
バスでは映画も観ずに爆睡しました。

翌日の7時過ぎに熊本交通センターに着き、自宅で大急ぎで着替えて
無事、出社出来たのでした。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ボエム

Author:ボエム
灰色の鶴の舞立つ漁村生まれ。
終の棲家探しへ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR