FC2ブログ

年賀状書きます。

世界的には、年末までクリスマスツリーを飾る国が多いけど

日本人は26日にはツリーを仕舞って、代りに門松が立てられますね。


神仏宗教メチャクチャですが、何でも受け入れる

これが日本人の良いところですね。


クリスマスには何故か、マリー・ローランサンの

「鎮静剤」という詩を思い出します。

18歳の時に古本屋さんで立ち読みした、美術雑誌で見つけた詩です。

.
-- 死んだ女よりもっと哀れなのは、忘れられた女です --


どっかの歌唄いが、曲を付けて歌ってたのを思い出しました。


当時マリー・ローランサンの描く、淡いピンクの女性達に魅かれていました。


もっとも最初に気になったのは

イヴ・サンローランと名前似てるなぁと思ったくらいですが。


当然、いわさきちひろの淡い子供達の絵も好きです。

ちひろの原点となる画家です。


ところで、何故この詩の題名が「鎮静剤」なのでしょうか。


そもそも堀口大学氏の翻訳ですが、原詩には

女という単語は使われていないそうです。

マリー自身の思いだったんでしょうね。


現在の自分を受け入れ、納得し、人生は誰でもそうなんだと

心を落ち着かせる・・・そういう意味だったんでしょうか。




年賀状30


今日、年賀状を書きます。

忘れられないように。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ボエム

Author:ボエム
灰色の鶴の舞立つ漁村生まれ。
終の棲家探しへ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR