FC2ブログ

ボブ・マーリーの事。


本日、パナマ運河通航終了しました。

由紀ネエは、昨日ガラパゴスに行ってしまいました。

いつかは僕も行ってみたいもんだ。

今日はボブ・マーリーの話です。


BM01.jpg


今夜の8時過ぎに、ブロードウェイで講演開始です。


BM02.jpg


ボブは、ジャマイカ最大の建設会社を経営していた白人の父親と

ジャマイカ人の母親の元に生まれました。

この時、父親は61歳、母親は16歳でした。

両親はボブが生まれて直ぐ離婚し、母親とその家族と共に育ちました。

10歳の時に父親が死に、それまでの経済的援助が絶たれました。


BM03.jpg


母親はボブを連れ職を求めて、スラム(トレンチタウン)に移り住みました。


BM04.jpg


ここからは、昨日パナマから船に乗り込んできた

この人の説明を流します。


BM05.jpg


ドニーシャ・プレンダーガストという女性です。


BM06.jpg


ボブ・マーリーの孫娘さんです。


BM07.jpg




BM08.jpg




BM09.jpg




BM10.jpg




BM11.jpg




BM12.jpg




BM13.jpg




BM14.jpg




BM15.jpg




BM16.jpg




BM17.jpg




BM18.jpg




BM19.jpg




BM20.jpg




BM21.jpg




BM22.jpg




BM23.jpg




BM24.jpg




BM25.jpg




BM26.jpg




BM27.jpg




BM28.jpg




BM29.jpg




BM30.jpg




BM31.jpg




BM32.jpg




BM33.jpg




BM34.jpg


少し話をさせて頂きます。


ボブ・マーリーを語る上で外せないのが、ラスタファリ運動です。

ボブを通じて、世界中が知ることになりました。

宗教ではなく、思想運動であり、人生観と考えるラスタファリアンです。

その戒律のひとつに

例え髪の毛であっても、自分の身体に刃物を当てる事を禁じています。

その為、頭髪が絡まって房状になったドレッドロックスが特徴です。


BM35.jpg


自然回帰指向のラスタファリズムにとっては、大麻は神聖な植物であり

単に薬草として扱われ、大麻の使用は正当な行為です。

基本的に菜食主義者で、しかも、自然のまま食べなくてはいけません。

塩やスパイスを加えるのは禁止で、禁酒も戒律のひとつです。

代わりに野菜スープやジュースになります。


聴衆の黒い帽子の女性から、大麻等の使用についての質問がありました。

ドニーシャの答えは簡単でした。


「日本でも歴史的には大麻を通常に使っていました。

アメリカがやって来て、違法なモノとして禁止したのです。

アメリカは貧しい人達が大麻等によって

経済的に自立出来ないようにしてるんです。」




BM36.jpg


ラスタファリアンのボブ・マーリーは足の指に出来た小さな皮膚癌(メラノーマ)の

部分切除を断り、脳腫瘍と肺への癌の転移で僅か36歳で亡くなりました。

黒人は皮膚癌にはなりにくいのですが、彼は白人の血を受け継いでいました。



キングストンで国葬にされました。



BM37.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ボエム

Author:ボエム
灰色の鶴の舞立つ漁村生まれ。
終の棲家探しへ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR