FC2ブログ

一夢庵風流窯にて。 2

砂をふるいに掛けて作業台に・・

何で砂?


091336DSC00255.jpg


粘土に揉み込んでいます。

何で砂を混ぜるの?


091337DSC00256.jpg


「熱効率が良くなるんですよ。」

「早く焼き上がるんです。」

なるほど、粒子が粗い方が良いのか。


091340DSC00259.jpg


はい、出来上がりました。

粘土をどうやって手に入れる事が出来るか聞きました。

余裕があれば山に粘土探しに行くけど、

ネットで買うか。


091341DSC00260.jpg


切り糸で適量を取ります。


091342DSC00261.jpg


最初はぐい呑みいきましょう。


091343DSC00262.jpg


親指でグイグイ、型を作っていきます。

厚みを一定にするのが難しい。

底にカタツムリのサインを入れました。


091346DSC00265.jpg


片方の七輪の網の上に作品を置いて、

アルミで被い乾燥させます。

なるほどね。


091347DSC00267.jpg


次は蕎麦ちょこいきます。


091348DSC00268.jpg


これにも、しっかりサインします。


091349DSC00270.jpg


次は、お茶椀というか、何でも使えるヤツを作ります。


091350DSC00271.jpg


「これには高台を付けましょう。」と、上村君。


091351DSC00272.jpg


ムリムリそんなん出来ない。


091352DSC00273.jpg


一応やってみましたが、バランスや幅感覚やキレイなラインとか

とにかく難しい。


091354DSC00275.jpg


ねぇ、こんなん作りたいんだけど・・

革の巾着作る時の、革紐を通す球です。

「溶けてしまうかも。」と、上村君。


091355DSC00276.jpg


乾燥が済んだ作品をアルミで包んで

隣の七輪に置きます。

素焼きの開始です。


091356DSC00277.jpg


作品の上に炭を被せます。


091357DSC00278.jpg


種火を炭の上に置きます。

火熱を下からではなく、上から下に降ろしていくそうです。


091358DSC00279.jpg


時間短縮の為に、2台の七輪を使いますが

僕の様に時間があれば、一台の七輪で足りるそうです。


091359DSC00280.jpg


素焼き側のアルミは、真ん中を煙突状にします。


091360DSC00281.jpg


高温になってきました。

顔が熱い。


091361DSC00298.jpg


ポン!と音がして、破裂しました。

表と裏の中間の層の部分が、両側の陶土の色より暗い色です。

1200°から1400°にいきなり温度が上がったため

その温度差で破裂したそうです。


厚みのある作品は表と裏の温度が一定じゃないから

割れやすいそうです。

逆に薄い作品の方が割れにくいとの事です。

知らなかった、逆かと思ってた。


素焼きが上手くいけば、もう完成間近と考えて良いのかな。

素焼きに約1時間です。


091362DSC00299.jpg


ドライヤーの冷風をパイプで送り込みます。

炎が沸き立ち、細かい火花が宙に舞い上がりました。

本焼き開始です。


091363DSC00300.jpg


湯布院で一度だけ、陶芸教室らしき観光をした事があります。

粘土を成形して、終わりです。

後日、自宅に焼かれたモノが送られてきました。


今回は違います。

成功は保証されていません。全部割れるかも。

ウキウキしてきました。



粘土が炎によって緑色のビードロを生み、別物に生まれ変わるのを

この眼で最後まで見届ける事が出来るのです。

陶芸の面白さ満載です。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ボエム

Author:ボエム
灰色の鶴の舞立つ漁村生まれ。
終の棲家探しへ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR