FC2ブログ

一夢庵風流窯にて。 3


包んでいたアルミを外します。

本焼き開始です。


091364DSC00304.jpg


上に、更に炭を加えます。


091365DSC00309.jpg


フイゴで風を送り込みます。


091366DSC00312.jpg


一気に炎が噴き上がります。


091367DSC00314.jpg


粘土が1400°の炎で変わっていきます。


091368DSC00316.jpg


熱が落ちないように、風を送り続けます。


091369DSC00317.jpg


マグマの中を覗き込んでる世界に入りました。


091370DSC00321.jpg


何だろ、目が離せない。


091371DSC00324.jpg


炎に魅入られています。


091372DSC00325.jpg


取り出しました。

プチプチと静かな音がします。


091373DSC00326.jpg


次の蕎麦ちょこと、カップを本焼きの七輪に移しました。


091374DSC00331.jpg


オレンジ色の中で、小さな白く光るモノが見えます。

砂粒かな?


091375DSC00336.jpg


美しく変化したオレンジ色の粘土の固まりに

地球創世記の光景がチラリと浮かびます。


091376DSC00337.jpg


真っ赤な炭を中に入れて、内側の温度を上げます。


091377DSC00338.jpg




091378DSC00339.jpg




091379DSC00340.jpg




091380DSC00341.jpg




091381DSC00343.jpg


美しい。

若しかして、46億年前の冷めていく地球の姿に似ているのかも。


091382DSC00344.jpg


美しいです。

この色のままってムリなんだろうけど、

これが見れただけでも、良かったです。


091383DSC00345.jpg


これは底の部分が破裂して消失していますが

容器としては問題無いみたいです。


091384DSC00346.jpg


このチカチカ光る白い粒は何ですか?


091385DSC00347.jpg




091386DSC00348.jpg




091387DSC00349.jpg


ヒビが入った部分を見つけて、炭を押しつけます。

「ビードロでくっつくんですよ。」


091388DSC00350.jpg


ビードロって、ガラスの事?

それって、何処に入ってたの?


091389DSC00351.jpg


粘土?

砂?


091390DSC00352.jpg




091391DSC00354.jpg


七輪も炭もその他の道具も全部、揃える事は出来そうだけど

先ず、安全に作業が出来るかが気に掛かる。


庭の片隅に、千度を超えるモノを置く不安が先に立つ。


091392DSC00355.jpg


炭の灰と、粘土との科学反応で、緑色のビードロに被われてくる

これが釉薬の原点なのか。


091393DSC00356.jpg


科学反応という事は、粘土の成分によっても変わるだろうし、

炭の代わりに、竹や藁やその他の植物の枯れ草によっても

変化が違ってくるという事ですか。


091394DSC00357.jpg


チンチンチンと音がします。


091395DSC00359.jpg


レザークラフト用の球はこんな風になりました。

面白い肌で使えそうです。


091396DSC00360.jpg


球が幾つかくっついてしまいました。

面白いのでオブジェとして使います。


091397DSC00361.jpg


10時にやって来て、もう3時です。

あっという間の5時間でした。

新しい知識にウキウキしながら帰ります。

収穫がデカかった。

又来ます。


周りはもう、秋だ。


091398DSC00363.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ボエム

Author:ボエム
灰色の鶴の舞立つ漁村生まれ。
終の棲家探しへ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR