FC2ブログ

くだります。


凄い角度で下ってます。



白IMG_2186


誰か滑った跡もあります。


白IMG_2187


でも、横道が無いので安心して進めます。


白IMG_2188


写真じゃこの傾斜角度は見えませんね。


白IMG_2189


後ろを振り返ると、こんな階段です。



白IMG_2190


あのオジサンが言ってた階段は、これか。


白IMG_2191


こっち側から登らなくて良かった。


白IMG_2192


と言うか、登れなかった。


白IMG_2193


でも、ほぼ直線的に下りて来たから、

時間的には飛躍的に早い筈です。


白IMG_2194


抜けました。

振り返って入口を確認しました。

今度来るときは、ここから登ってみたい気になりました。


白IMG_2195


良かった。

麓に着いたみたいです。

でも・・・


白IMG_2196


この道には覚えがない。

という事はどこに下りるのか分らない。


白IMG_2197


仮に、知らない場所に降り立ったら

住民にどうやって道を聞いたら良いんだろ?

自分の車を駐車した場所も地名も知らないのに。


白IMG_2198


登ってきた道路とは景色が全く違います。

しかも分岐点だらけだ。

下るには右に行くべきか、左に向かうか。


白IMG_2199


悩んだ時には、古そうな道路を選び、微妙に下ってる方に向かい

全身全霊を使って集中しながらミカン山を下ります。

思ってた通りの状況に陥ってしまいました。


白IMG_2200


登る途中で拾った2メートルの杖です。

ここで離します。

無かったら大変でした。


白IMG_2201


広い道路を歩いていて、見つけた看板に見覚えがありました。

このまま真っ直ぐ進むつもりでしたが、

カメラの画像を遡って、この看板の画像を探し出しました。

この写真です。

右下に獣道みたいな細い道がありました。

この写真を見ながら、その細道に下りて行きます。

カメラの中の写真と同じだ。


僕はこの道から上がって来たんだ。

良かった。

奇跡だ。


白IMG_2202


ありました。

僕の車が待っていました。

ホッ。


白IMG_2203


さぁ、行こ。

天気悪いな。


白IMG_2205


考えたら、山で雨にならなくて良かった。

帰る道も分らず、ずぶ濡れになるところだった。


白IMG_2210


あの長くて大きい逞しいワカメの茎が一本も無い。

「今年はまだ育ってないみたいです。

いつもは7人の漁師さんが持ち込むんだけど

今日はふたりしか持って来てないんですよ。」

天候の所為でしょうか。


白IMG_2214


湯島大根もありませんでした。

仕方無いので地元の大根買って帰ります。

何しに来たんでしょうか。


猿芝居やってます。



白IMG_2219


お猿さんって、何故か

哀愁を漂わせますよね。


白IMG_2218


大根抱いたまま、大笑いしてしまいました。

去年の末は、やっぱり子供達を阿蘇の猿芝居劇場に連れて行きたかったなぁ。


せめて、これ見ただけでも、来て良かった。

と、思う事にした。


白IMG_2224


さぁ、帰ろ。

バッグのファスナーの続きしなきゃ。


白IMG_2227


登った山とそうじゃない山とでは、

同じ景色でも違って見えるなぁ。

また行きたい里山でした。


白IMG_2232
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ボエム

Author:ボエム
灰色の鶴の舞立つ漁村生まれ。
終の棲家探しへ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR