fc2ブログ

シルクの町へ

奥さんがぜひ行きたいと言ってたシルクの町、与謝野にやって来ました。

もちろん本物のシルクですが、価格的にはずいぶん安いと思います。
ていうか、あまり知りませんが。

s26032100a

入口から、はた織り機が展示されています。

s26032101a

カイコから糸を紡ぐ機械でしょうか?

s26032102a

との事です。

s26032103a

たぶんこの地域で一番の、種類と量が展示販売されています。

s26032104a


s26032105a


s26032106a


s26032107a

昭和34年、云々・・という事らしいです。

s26032108a

写真を見るかぎり、かなり歴史が古そうです。

s26032109a

スカーフ、ハンカチ、化粧品等、
絹製品が並んでいます。
奥さんはスカーフの色に悩んでいます。

s26032110a

おばちゃんが一人で黙々と作業をしていました。

s26032111a

絹織物は、そのままでは少しゴワゴワしていますが、30分ほどお湯で煮ると
柔らかく、ツルツルの感触になります。

やはりシルクは生き物生まれなんですね。

お土産と自分達用に少し買い物をしました。
繭玉を貰いました。
指にはめて、水を付けて顔をこすると良いんだそうな。

DSC00797a.jpg


今から海に向かいます。
また、大きなアラレが落ちてきました。

とにかく寒いです。


天橋立が見える場所まで来ました。
殆んど、かすんで見えません。
イメージを浮かべる事はできます。
明日また朝から来ようかと言いつつ、城崎に向かいましたが、
もう二度と走りたくない山道です。
で、またいつかの日にね、という事になりました。

もう、900キロ走ってます。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ボエム

Author:ボエム
灰色の鶴の舞立つ漁村生まれ。
終の棲家探しへ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR