fc2ブログ

ピアノが卒業して旅立ちました。

思い出深いピアノと、今日でお別れです。

ウソです。
僕には殆んど思い出はありません。
小っちゃい娘と、若い奥さんの思い出のピアノです。

運送業者さんが来るので、イメージを良くする為に、部屋をキレイに片付けました。
でも雨が降っていますけど、大丈夫でしょうか。


b26032900a

蓋を開けて、中の虫のフンもキレイに取り除きました。

b26032901a

鍵盤が、娘の汗で黄色く変色しています。
この部分は、メールでタケモトピアノさんには通知済みです。

b26032902a

キレイに磨いたら、細かいキズがいっぱい見えてきました。
でも、通常使用によるキズです。仕方ありません。

b26032903a

家の前に大きなトラックが着きました。
若いお兄ちゃんが二人です。
えっ、ふたりで運べるんですか?
大丈夫です。もうひとり車にいます。

一人が鍵盤の回りをいきなり分解しました。
もう一人は、下に潜って、ピアノの底をライトを点けて点検を始めました。

携帯電話でタケモトピアノの方に報告を始めました。
ペダルの三本の金属棒にカビが付いています。
特に問題はありません。
運びます。

安心しました。

パレット板を布団を巻いたピアノにくくりつけると、横倒しにして、足を外しました。


b26032904a


更に、ロープで大丈夫なのと思うくらい、きつく縛ります。

b26032905a

ふたりでロープを肩にかけ、担ぎ上げました。凄い!

b26032906a

ソロリソロリと庭に敷いた黄色い板に、慎重に降ろしました。

b26032907a

下に台車を潜らせました。

b26032908a

アレヨアレヨで運んで行ってしまいました。

b26032909a

その手際の良さに驚いてしまいました。
後にはガランとした部屋が残りました。

b26032910a

代金はメールで頂いた金額通りに、現金を頂きました。
23年前に購入したピアノが予想外の金額で売れてしまいました。

もっと早く処分しとけば良かった。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ボエム

Author:ボエム
灰色の鶴の舞立つ漁村生まれ。
終の棲家探しへ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR