fc2ブログ

蒼白き泉へ

町並みを避けて、森の中へ。

駐車場から5分程、歩いて登って行きます。

26081501a

途中で小さな池が作ってあります。
今日のお湯の様子を見れます。
毎日、色が変わるそうです。

26081503a

まだ、アジサイが咲いています。
気候が町とは違うようです。

26081506a

9時半ピッタリに受付を済ませましたので、僕が最初の客だと思います。
ガラス戸が青白い光で輝いています。

26081508a.jpg

青白い温泉が目に飛び込んできました。
柔らかい光に体が包み込まれます。

26081509a

失礼、先客がいました。
僕の前に受付を済ませた人がいました。
何時から待ってたんでしょうか。

26081510a

美しいの一言です。

26081511a

泉質は、何かトロリとしたものが皮膚を包む感じです。
強アルカリの皮膚の表面を溶かす感じとは違います。

26081512a

透明度は約10センチです。
不透明な青白さです。
不透明であることで気持ちが安らぎます。

まるで絵具を溶かしたようなお湯です。

26081513a

しかも場所によって、微妙に色が違います。

26081514a.jpg

もっとゆっくりしたいけど、お客様も増えてきたようですので、
後ろ髪引かれながら上がります。

26081515a.jpg

丁度、売店が開きました。
足湯ではなく冷たい足水です。
確かにいつまでも汗が止まりません。

26081516a.jpg

温泉玉子を頂きました。
源泉からあげたばかりで熱いです。水に浸けたばかりの玉子をすくいあげました。

熱い温泉玉子は殻が剥きにくいですね。
黄身の硫黄の香りが微妙です。

やはり温泉玉子は別府の湯畑が一番美味しいですね。
箱根の真っ黒い温泉玉子は、色が黒いだけで普通のゆで卵でした。

26081517a.jpg

町に下りると、予想通りの渋滞です。
駐車場はすべて満車のようです。

11時に今日の宿泊予定の旅館に着きました。

この旅館を一番気に入ったのは大通りに近いという事です。
渋滞を横目に、駐車場をチェックイン前にお借りしました。

26081518a.jpg

ゆっくりとお昼御飯を食べに、町に向かいます。
お盆休み中の観光客は、物凄い数です。

b26081515

さすが湯布院です。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ボエム

Author:ボエム
灰色の鶴の舞立つ漁村生まれ。
終の棲家探しへ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR