fc2ブログ

電気料の謎

なぞシリーズです。
今回はちょっとマジです。


今朝も、土の履歴を確認しながらプランターの土整理をやりました。
豆類を育てた土は、他の野菜を育てながら3年待ちます。連作障害を防ぐ為です。

福島の放射能は何十年待たなきゃいけないのでしょうか。
人間が本来触ってはいけない様な危険なリスクを、
誰の為に役立てるつもりなんでしょう。

電気料金が上がるそうです。
九州電力では、
原子力発電の稼働率が24年度は0%で3,700億円の赤字だそうです。
昨年は30%の稼働率で2,300億円の赤字です。
その前の年は、81%の稼働率で600億円の黒字です。

赤字なのは原子力発電を行っていないからと言いたいらしいです。
元から原子力発電ありきの経営をやってるみたいですね。

いいじゃないですか、値上げしても。
安心料と思って我慢します。

でも、僕にはひとつだけ首をかしげる事があります。

お金に余裕があるのか、その逆なのか、人それぞれの理由があるんでしょうが、
工事費込みで200万円から300万円かかると思いますが、
太陽光のソーラーパネルを設置して電気を作り、余った電気を
そんな装置を買う余裕の無い人々が、買っているという事です。

なぜ、他人が買ったソーラーシステムの代金を、僕らが払うんでしょうか?

請求書には「再エネ賦課金」と「太陽光発電促進付加金」と記載されてます。

九州電力ではそれぞれ1キロワットにつき0.22円と0.15円です。
このふたつの賦課金は同じものです。
太陽光付加金の名前をやめて、再エネ賦課金に変更する途中みたいです。

なぜ太陽光付加金の名前をやめるんでしょうか。
リアルな名前を消したいんでしょうか。

太陽光付加金は、全国の電力会社の中で九州電力が一番高いです。
確かに九州ではソーラーシステムをよく見ます。
それを見ながらいつも、ここの電気、僕も買ってるのかと思ってます。

ソーラーシステムの販売企業のHPを見ると、何年で回収できますよと
うたってます。
自分たちの電気を隣の人に買ってもらってると思ってるのでしょうか。

「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」に守られていますが、
国民の大半がソーラーシステムを付けるとこの制度は成立しなくなります。

経済産業省、資源エネルギー庁のホームページには、

「皆様から集めた再エネ賦課金は、電気事業者が買取制度で電気を買い取るための
費用に回され、最終的には再生可能エネルギーで電気をつくっている方に届きます」
と書かれ、さらに

「本制度によって買い取られた再生可能エネルギーの電気は、皆様に電気の一部
として供給されているため、電気料金の一部として再エネ賦課金をお支払い
いただくこととしております。」

この文章なにか日本語として変じゃないですか?

結局、電力会社の腹はいたまず、堂々と値上げしてたのです。

さて、みなさんはどう思いますか。

今日も写真がありませんので、奥さんが作ったパスタ料理を最後にします。

P1000912.jpg

能見が良いピッチングをしました。
甲子園最初の巨人戦に勝利しました。
また辛い半年が始まります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ボエム

Author:ボエム
灰色の鶴の舞立つ漁村生まれ。
終の棲家探しへ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR